【本当に染まる?】白髪染めシャンプーのメリットとデメリットをカラーリストが解説

※当サイトはPRが含まれています

白髪の悩みの解消の仕方

・白髪が増えたな…どうしよう。
・頻繁な白髪染めは髪に負担がかかる。
・白髪を気にならないようにしたいが何かいい方法は?

年齢とともに増える白髪。美容院や自宅で定期的に染めるけど、きりがないですよね。

頭皮と髪も心配です。何かいい方法はないのでしょうか?


この記事を書いている私は15年以上ヘアカラー専門で、多くのお客様の髪を美しく染めるお手伝いをしてきました。

佐藤建次の自己紹介画像

ぼくの詳しいプロフィールはこちら


💡この記事の内容


白髪染めシャンプーのメリットとデメリット、そして美容師目線でのおすすめの使い方や選び方を詳しく解説

💡この記事を読むメリット


白髪染めシャンプーのデメリットからメリット、正しい選び方、使い方、そしてその効果的な活用方法が明確に理解できます。

私が15年以上の経験をもとに白髪染めシャンプーの真実をお伝えします。

最適な解決策を知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

美容師目線からの白髪染めシャンプーの真実

美容師の目線から白髪染めシャンプーの最大のデメリットは、ヘアカラーのように白髪を完璧にきれいに染めることは難しいということです。

その理由は主に以下の点にあります。

①色素の種類

白髪染めシャンプーの色素は主に塩基性染料やHC染料でヘアカラーとは違います。これらの色素は以下の特徴があります。

対して、ヘアカラーは以下のイメージです。

白髪染めシャンプーは色素の特性上色を作るのが非常に難しいのです。

②シャンプーの形状と用途

シャンプーとしての使用を前提としているため、色の濃度や混ざり方が微妙な色調整を難しくしています。

③色の吸着度合い

色味によっても吸着の度合いが異なり、赤は最も吸着しやすく、青は吸着しにくいとされています。これが微妙な色調整をさらに難しくさせています。

④毛髪の特性

染料は毛髪のキューティクルの隙間や帯電によって吸着します。

しかし、キューティクルや毛髪の状態によって吸着の度合いが変わるため、均一に染めるのは難しいです。

⑤キューティクルにも個人差がある

人によってキューティクルの厚さや枚数、帯電の状態が異なるため、染まり方には個人差が出ます。

以上の理由から、白髪染めシャンプーは白髪を完璧にきれいに染めるのは難しいのです。

白髪染めシャンプーはあくまで白髪をなじませるもの。

しっかりきれいに染まるものではありません。

そのほか、よく言われるデメリットについても解説しますね。

白髪染めシャンプーのデメリットについて

白髪染めシャンプーは、日常のケアをしながら白髪を隠すことができますが、気になるデメリットもあるようです。

ここではよく言われるデメリットを挙げていきます。

  1. 一度の使用では白髪は染まらない
  2. 次回のヘアカラリングへの影響
  3. 選べる色のバリエーションが少ない
  4. 他のシャンプーとの併用の難しさ
  5. ヘアカラーより色落ちが早く、毎日使用しないと色が抜ける
  6. 爪やタオル、浴槽に色が付着する場合がある

順に解説しますね。

一度の使用では白髪は染まらない

白髪染めシャンプーの最大の特徴は、毎日のシャンプーとして使用するだけで、手軽に白髪を染めれることです。

しかし、一度の使用で白髪は染まりません。

徐々に白髪を染めていくタイプなので、周囲にバレずに自然に白髪をケアすることができます。

ヘアカラーのような染まりを期待すると少し物足りないかもしれません。

次回のヘアカラーへの影響

その後のヘアカラーに影響が出る場合があります。

考えられることは「明るくなりにくくなる」「特定の色味が出せなくなる」ということ。

白髪染めシャンプーには、HC染料や塩基性染料、天然染料などの染料が含まれています。

これらの染料がヘアカラーと相性が悪い場合があります。

特定の色味を維持したい場合や明るさを出したい場合は不向きになる場合があります。

この場合は使用頻度を少なくするか、ヘアカラー前の1~2週間の使用を控えることでリスクが軽減されでしょう。

選べる色のバリエーションが少ない

白髪染めシャンプーは色のバリエーションが限られています。多くのブランドで提供されている色の種類は2~4種類程度です。

特に、同じ「ダークブラウン」という名前でも、ブランドによって色味や白髪の染まり具合が異なります。

自分の理想の色を見つけるためにリサーチが必要です。

他のシャンプーとの併用の難しさ

白髪染めシャンプーは、その効果を維持するために毎日使用することが必要です。

このため、髪の悩みに特化したお気に入りのシャンプーとの併用が難しいのが現実です。

もしかしたら、くせやパサつきなどの特定の髪の悩みに対する効果は、弱いかもしれません。

さらに、コンディショナーやトリートメントとの相性も気になります

ヘアカラーより色落ちが早く、毎日の使用が必要

通常のヘアカラーに比べ、白髪染めシャンプーの色持ちは短いのが現実ですよ。

なぜなら、シャンプーをしながら色味を入れる設計のため、強い染料を使用していないからです。

これらの物質がダメージの原因に。

その分、色持ちは悪くなりますが、メリットも多いかもしれませんね。

爪やタオル、浴槽に色が付着する場合がある

シャンプー剤に直接色素が配合されているため、爪やタオル、浴槽に色が移る場合があります。

しっかりと洗うと取れるので心配がいりません。

気になる方は、以下の対応ができます。

  • 手袋を使用する。
  • 浴槽や浴室の壁やを濡らしてからシャンプーを使用する
  • 使用後にすぐに手や浴室を洗い流す

もし、手や浴室の色移りが取れない場合は固形石鹸やメラニンスポンジを使用するといいでしょう。


このように、多くのデメリットが存在しますが、メリットも多いのも事実です。

次はメリットに焦点を当てて解説していきますね。

白髪染めシャンプーのメリットについて

今度はメリットを見ていきましょう。

メリットは以下の通り。

  • 頭皮と髪にやさしい
  • 時間をかけずに手軽に使用できる
  • リタッチの頻度が減る

頭皮と髪にやさしい

白髪染めシャンプーの最大の魅力は、頭皮と髪への優しさです。

通常のヘアカラーには、以下のような髪を傷める可能性のある成分が含まれています。

しかし、白髪染めシャンプーにはこれらが含まれていません。

ヘアカラーの刺激が気になる方や髪のゴワツキが気になる方も、安心して使えるでしょう。特に、洗浄成分がアミノ酸系のものは、頭皮と髪にやさしいです。

髪と頭皮をやさしく包み込みながら、白髪をケアできるのは、この製品の大きなメリットです。

時間をかけずに手軽に使用できる

通常のシャンプーと同じ使い心地で、通常のヘアカラーや白髪染めトリートメントのような面倒な手順は不要です。

シャンプーを泡立てて髪全体を包み込むだけで、わずか0~数分の放置時間で済むのです。

毎日の習慣の中で白髪ケアを取り入れることができるのは、特に忙しい方にとっての大きな味方となるでしょう。

リタッチの頻度が減る

白髪染めシャンプーを定期的に使用すると、新しく生えてくる白髪が目立ちにくくなります。

その結果、日々の生活で気になることが少なくなり、白髪染めのリタッチの頻度が減少します。

白髪染めシャンプーの基本的な情報

白髪染めシャンプーとは

白髪染めシャンプーは、白髪を目立たなくするための特別な染料が配合されたシャンプーです。定期的な使用で、徐々に白髪をカバーしていきます。

  • 成分: 主にHC染料、塩基染料、または植物性染料が使用され、髪のキューティクルに吸着。
  • 特徴: 髪を明るくすることはできません。染まり方は自然で、繰り返しの使用が推奨。
  • 安全性: ジアミンを含まず、アレルギーを起こしにくいため、ヘアカラーのアレルギーがある方も使用できる可能性があります。

白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントの主な違い

白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントは、以下の点で異なります。

特徴説明
形状トリートメントはクリーム状で、髪に密着しやすい。
色素の配合量トリートメントの方が色素の配合量が多く、より深く色が入る。
放置時間トリートメントは放置時間が長く、しっかりと色が入る。
使用頻度トリートメントは数日に1回の使用でいい。

結論として、白髪を自然になじませたい場合は白髪染めシャンプー、より濃く染めたい場合は白髪染めトリートメントがおすすめです。

信用できる白髪染めシャンプーのお勧め

①自然派clubサスティ 利尻カラーシャンプー

・①自然派clubサスティ 利尻カラーシャンプー


おすすめ度:★★★★☆ 4
created by Rinker
ピュール
¥2,918 (2024/06/18 11:32:36時点 Amazon調べ-詳細)

頭皮、髪、育毛に効果的な有効成分を豊富に配合し、育毛シャンプーとしてもカラーシャンプーとしても高品質です。

引用元:自然派clubサスティ
引用元:自然派clubサスティ

洗浄成分

低刺激で優しい成分。

  • アミノ酸系洗浄成分:
    • ココイルアラニンTEA
    • ココイルグルタミン酸TEA
    • ラウロイルメチルアラニンNa
    • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
  • ベタイン系洗浄成分:
    • コカミドプロピルベタイン

特徴

  • 白髪をこのシャンプー1本で洗いながら染める。
  • 天然由来27種の美髪成分
  • 4つのイオン色素(塩基性染料とHC染料)
  • 白髪染めシャンプーの中で染まりが良い製品

基本情報

放置時間2~3分がおすすめ
色のバリエーション・ライトブラウン
・ナチュラルブラウン
・ダークブラウン
・ブラック
成分・天然由来27種の美髪成分
・4つのイオン色素
容量200g
価格3850円(Amazon参照)
1g当たり19.25円

染めたように見えなくて素晴らしいです。
使用するたびに色持ちが良くなってきました。
使用する際は少し手間がかかりますが、週に1回使用するだけで白髪が目立たなくなってきました。

シャンプーを中止したらすぐに白髪が目立つようになったので、その効果は持続していたんですね。2週間ほどシャンプーを使わなかったのですが、やはり継続して使用することを決意しました。

購入先最安価格WEBページ
公式3850円(税込み)自然派clubサスティ
Amazon3045円Amazonで見る
楽天3380円楽天で見る
Yahoo!3113円Yahoo!で見る
※送料を確認してください。

公式サイトから定期購入は送料無料で購入できます。

公式サイト:自然派clubサスティ

関連記事

【本当に染まる?】白髪染めシャンプーのメリットとデメリットをカラーリストが解説

②ソシア グローリン・ワンクロス

・②ソシア グローリン・ワンクロス


評価:★★★★☆ 4
出典:ソシア

1週間に1回の使用の新習慣!

白髪の悩み、手間、イメージを一掃!未来の白髪ケア、新しい日常をスタート!

洗浄成分

アミノ酸系の洗浄成分

特徴

  • 週1回の使用で効果を実感。色の3原色を利用して発色させる独自ブレンド
  • ムラなく、若々しいツヤのある黒髪へと導きます。また、白髪染め特有の不快なニオイや刺激も感じられません。
  • 無添加かつ低刺激

選ぶポイントや特筆する点

  • 一週間に一度の使用でしっかり染まるという点
  • 牡丹・芍薬・百合の3種類の花エキスを配合。
  • ケラチン配合で髪にダメージを補修しハリコシを。
  • ヘマチン配合で白髪予防や抗酸化作用がうれしい。

色の持続性が高い。
髪と頭皮に優しいし、色も長持ちする。ただ、しっかり洗ったにも関わらず、爪に色が付いてしまったのは気になった。

色:ブラウン・ブラック 

※上の画像はブラックを使用

内容量:100㎖ 内容量が少ないが1週間で一度の使用で1か月分

価格:5800円

公式サイトから定期コースなら3960円でお得になります。

③サロンドプロ ナチュラルグレイッシュ リンスインシャンプー

・③ダリヤ サロンドプロ ナチュラルグレイッシュ リンスインシャンプー


総合評価:★★★☆☆ 3.0
出典:ダリア

洗浄成分

  • アミノ酸系: ラウロアンホ酢酸Na
  • ベタイン系: ラウラミドプロピルベタイン
  • 高級アルコール系: ラウリル硫酸TEA

この3種類が混合されていて、さっぱりとした洗い心地になります。

特徴

  • 男性用の白髪染めシャンプー
  • グレイッシュな色に染まり白髪をなじませる
  • 手や皮膚に色がつきにくい

選ぶポイントや特筆する点

赤味や緑味が少ないグレイッシュな色味。

「白髪対策」 「シャンプー」 「リンス」 3つの機能がこれ1本!

長く使わないと効果が実感しにくいかもしれません。
10日間続けて使用しているところですが、少し白髪が目立たなくなってきたように思います。

まだ1本目を使い終わったばかりですが、最近少し白髪が目立たなくなったように感じます。
これは白髪染めではないので、わずかに目立たない程度で満足しています。そのため、通常のリンスインシャンプーとして2本目を購入しました。
唯一気になる点は、シャンプー時の泡が茶色くなることです。

色味:

ダークブラウン・ナチュラルブラック

内容量:250㎖

価格:750円くらい(Amazon)

白髪染めシャンプーの選び方

白髪染めシャンプーは白髪はきれいには染まりません。回数を重ねて、目立たなくすることができます。

白髪染めの間に使用したり、白髪が目立たないようにするという目的として選ぶポイントを解説します。

白髪染めシャンプーの選び方①

明るさで決める

白髪染めシャンプーを選ぶポイントの1つ目は明るさです。

色味特徴
ブラック系白髪をしっかし染めたい人や白髪がキラキラ浮きやすいひと向け。
ブラックといっても黒くなりません。
ダークブラウン白髪がある程度多い人。
ブラウン明るめにしたい人。

ぽつぽつ白髪の人は、ブラウンだと白髪が薄く浮いてパサついて見えるので、ブラックかダークブラウンにしましょう。

白髪染めシャンプーは染料が薄い傾向があるので、ダークブラウンかブラックがおすすめです。

白髪染めシャンプーの選び方②

白髪染めの明度で選ぶ

次の選び方は、白髪染めの明るさに合わせるです。

根元の白髪の境界線がなじむ色にしましょう。

一つの目安として、使用しているカラー剤の明るさに合わせるといいかもしれませんね。

白髪染めの明るさ・色選ぶ色味
6レベル以下・地毛に近い色ブラック
7~8レベル・茶色ダークブラウン・ブラウン
8以上・明るい茶色ブラウン
目安です。個人差があります。

あくまで白髪を染めるのはサロンカラーで考えますと、白髪染めシャンプーは根元が少し明るいくらいがいいと思います。

なぜなら、しっかり染めようとすると全体的に暗くなってしまい、次回の白髪染めに影響が出るからです。少し明るいくらいが影響がなくきれいに染めれます。

染まりが弱いなと感じるくらいがいいかもしれません。

白髪染めシャンプーの選び方③

洗浄成分で選ぶ

白髪染めシャンプーの洗浄成分から選ぶこともできます。

洗浄力が強いと、髪に吸着している色素も一緒に取り除いてしまう可能性があります。

肌質別にお勧めの洗浄成分は以下の通りです。

肌質洗浄成分
普通~敏感、乾燥肌アミノ酸系・ベタイン系
オイリー肌高級アルコール系

こだわりがない場合はアミノ酸系のシャンプーをお勧めします。

💡アミノ酸系シャンプーの特徴


髪の水分を保持するアミノ酸を含む弱酸性のシャンプーで、髪と頭皮に優しい。

汚れをしっかり落としつつ、必要な皮脂を残すため、敏感肌や頭皮トラブルを持つ人に特におすすめです。

白髪染めシャンプーの選び方④

エイジングケア成分で選ぶ

エイジングケア成分として、ハリコシを出してくれる加水分解ケラチン、保湿効果のある植物系エキスやコラーゲン、そして抗酸化作用や白髪予防効果のあるヘマチンなどが挙げられます。

これらの成分の有無をチェックすることで、髪と頭皮の美しさを長持ちさせることができます。

白髪は多くの人にとって一番の悩みですが、保湿やエイジングケア成分が配合されているシャンプーを選ぶことで、未来の髪の健康と美しさを保つことができます。

白髪染めシャンプーを選ぶ際は、これらの美容成分が豊富に含まれた製品を選ぶと良いでしょう。

エイジングケア成分例:(加水分解ケラチン・植物系エキス・ヘマチンなど)

白髪染めシャンプーの安全性について

心配ならパッチテストをする

「シャンプーの中に色素が入って大丈夫なの?」そんな心配ありますよね。

実は、白髪染めシャンプーに使用される色素は、通常のヘアカラーとは異なり、肌にやさしい成分から作られています。

これより刺激やアレルギーのリスクが低減されています。

しかし、安全性を確認したい方や敏感肌の方は、パッチテストを行いましょう。

パッチテストの方法

  1. 製品を二の腕の内側に10円硬貨大に薄く塗布します。
  2. 自然乾燥させた後、お肌の反応を30分後と48時間後に確認します。
  3. 赤味やかゆみなど異常が見られた場合は、製品の使用を控えましょう。

詳しくはこちらのサイトにあります。

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)について

白髪染めシャンプーを最大限に活かす方法

手順①予洗いをしっかり

シャンプーの効果を最大限に引き出すため、髪の汚れや余分な皮脂を先に取り除くことが重要です。

お湯の温度は38度くらいにして、シャワーで2~3分程度当てることで、スタイリング剤や汚れが7割程度取り除けます。

これにより、シャンプーがより効果的に作用します。

手順②水を切ってからシャンプーを泡立てる

均一に染めるためには、髪全体を泡で包み込むことが必要です。

水分をしっかりと切った後、手のひらにシャンプーを取り、髪全体に均等に付けることでムラなく染めることができます。

円を描くように手を動かし、髪の毛に空気を含ませるように泡立てることがポイントです。

💡水気を切ったほうが染色効果が高まります。

手順③頭皮を擦らないで揉みこむように洗う

頭皮の健康を保ちながら、シャンプーの効果を最大限に活かすためです

頭皮をマッサージするような感覚で、指の腹を使って洗うことが大切です。

爪を使うと頭皮を傷つける可能性があるため、注意が必要です。

💡効果を高めるにはシャンプーを通常の2倍使用してください。

手順④流す前に少し時間を置く

色素がしっかりと髪の毛に定着するためです。

シャンプーをした後、すぐに流すのではなく、少し時間を置くことで、色素が髪の毛にしっかりと定着します。

💡効果が実感しにくい場合は5分ほど置いてみましょう。

手順⑤しっかり洗い流す

頭皮や髪の健康を保つため、シャンプー剤を完全に洗い流すことが必要です。

シャンプー剤が残ると、皮膚トラブルの原因となる可能性があるため、十分に注意して洗い流しましょう。

手順⑥髪を乾かす

髪の健康を保ち、色落ちを防ぐためです。

髪は濡れているとキューティクルが開いているため、ダメージの原因となる可能性があります。

そのため、タオルドライはやさしく行い、ドライヤーの熱を直接当てすぎないように注意しながら乾かしましょう。

白髪染めシャンプーの向いている人と向いていない人

白髪染めシャンプーは手軽に使用できますが、全員に合うわけではありません。

ここでは、美容師の視点から、向いている人とそうでない人を解説します。

白髪染めシャンプーが向いている人

  • とにかく白髪をなじませたい人
  • ヘアカラーで髪や頭皮が痛むのが気になる人
  • 白髪染めの間に白髪をなじませたい人
  • 敏感肌でヘアカラーができない人

白髪染めシャンプーが向いていない人

  • 白髪をきれいに染めたい人
  • 白髪をしっかり染めたい人
  • 明るくしたい人
  • 特定の色味を希望する人

まとめ

白髪染めシャンプーは日常のケアに取り入れやすいアイテムとして人気があります。

しかし、すべての人に合うわけではなく、使用前に知っておくべきデメリットがいくつか存在します。

主なデメリット

  • ヘアカラーのように白髪を均一に染め上げるのは難しい。
  • 一度の使用だけでは十分な白髪染め効果を得られないことがある。
  • 使用後のヘアカラーの発色や持続性に影響が出ることがある。
  • 色の選択肢が限られる。
  • 他のシャンプーとの併用時に注意が必要。

もちろん、白髪染めシャンプーには手軽さや頻繁な染め直しの手間を省けるなどのメリットも多くあります。

そのため、これらのデメリットを理解し、自身の髪質や希望する結果を考慮して選ぶことが大切です。

白髪染めシャンプーを試す際は、上記のポイントを参考にして、最適な商品を見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました