【おすすめな白髪染めトリートメント完全ガイド】選び方から使用法まで解説!

※当サイトはPRが含まれています

白髪の悩みの解消の仕方

・「また白髪が目立ってきた…でも、髪へのダメージが心配。」
・「白髪染めは面倒…もっと簡単な方法はないの?」

白髪染めに伴う悩みは尽きません。

髪や頭皮へのダメージ、使用の手間、そして時間や料金などのコストなど。

これらすべてに対する答えが、実は白髪染めトリートメントにあるのです


この記事を読むメリット

髪と頭皮をいたわりながら、白髪をケアできる製品を見つけられます。

今だけでなく、未来の髪も美しくいられます。

この記事が、あなたの白髪の悩みを解消する助けになることを願っています。


このブログの運営・執筆者

佐藤 建次

2000年に北日本ヘアスタイリストカレッジを卒業後、盛岡市の美容院に就職。

美容院で豊富な実務経験を経て、ヘアカラーリストに。最新の白髪ケアについて発信しています。

主な経歴と保有資格

※この記事では、白髪染めのことを染毛料(アルカリヘアカラー)のことを指しています。

スポンサーリンク

はじめに結論

「白髪染めトリートメント」は、白髪の悩みを軽減する1つの解決策になるでしょう。

理由として、白髪染めの間で、あるいは白髪染めの代わりに自宅で手軽に使用できるためです。

さらに、頭皮と髪の負担を減らすだけでなく、美容院のコストも抑えことができます。

白髪染めトリートメントをうまく活用すれば、白髪の悩みを軽減し、未来の髪も守ることができますよ。

実際、白髪染めの市場が減少する一方、カラートリートメントは徐々に拡大しています。

このトリートメントのメリットを理解し、正しい選び方と使い方で、うまく活用していきましょう。

※参照元:【ヘアカラー市場】手軽で髪に優しい「カラートリートメント」が伸長

【ヘアカラー美容師がお勧めする】白髪染めトリートメント

ここでは白髪染めトリートメントを3つのカテゴリーで紹介します。

高品質とは、トリートメント成分にこだわりがある。つまり、エイジングケアや髪の補修、ツヤに特化した製品

市販は、ドラックストア等にある、コスパの良い製品をピックアップ。

黒髪用は、男性向けの白髪が黒髪になじむような製品

それぞれ紹介しています。

みなさんの参考になるように、随時編集していますよ。

【高品質な】白髪染めトリートメント6選

注目すべきは髪と頭皮の美容成分

年齢と共に髪や頭皮はやせていくもの。

エイジングケア成分を配合したものがおすすめです。

例えば以下の成分です。

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • アルガンオイル
  • 植物性エキス(ローズマリーエキス・アロエベラエキスなど)

髪や頭皮にやさしい成分が配合された、高品質はトリートメントカラーを紹介します。

【KAMIKA カミカ】カラートリートメント

カラートリートメント


おすすめ度:★4.0

染まり ★ 4.5 | 手触り 5 | コスパ 2.5 |

特徴

  • 5つの無添加処方
  • 黒髪を育てるW成分「ヘマチン」「メタリン」
  • かゆみ・フケを抑える頭皮ケア成分
  • トリートメント成分贅沢配合

基本情報

放置時間5分
色のバリエーション・アッシュブラウン
・ローズブラウン
成分・ヘマチン・メタリン
・ジアミンやパラベン、アルカリ、鉱物油、紫外線吸収剤など5つの無添加処方
容量
価格5800円(公式サイト)
初回2470円
2回目以降は31%オフ
1g当たり不明

定期購入がお得!

定期的にお届け。いつでもきれいな髪でいられます。

公式サイト特典

  • 500円クーポン付き
  • 初回57%オフ!さらに2回目以降も31%オフ
  • 初回価格3330円もお特になる
  • 20日間の全額返金保証
  • いつでも変更・解約できる
今だけキャンペーン!通常5800円をクーポンを利用して2470円で試せる
いつでも変更・解約OK

BELTA ベルタヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメント


おすすめ度:★4.0

染まり ★ 4.5 | 手触り 5 | コスパ 2.5 |

created by Rinker
BELTA
¥6,138 (2024/06/17 16:15:04時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

  • リタッチに最適で生え際や気になる部分だけの染め直しも簡単。
  • 最短5分!簡単に白髪ケア
  • 業界トップクラスの美容液成分数(56種類の美容液成分+稀少オイル)

基本情報

放置時間5分
色のバリエーション・ダークブラウン
・ソフトブラック
成分・56種の美容液成分
容量200g
価格4980円(Amazon参照)
1g当たり24.9円

定期購入がお買い得!

買い忘れを防いで、いつもキレイ。

公式サイト特典

  • 初回価格は3,480円で1,500円もお得!
  • 2回目以降も20% OFF。
定期購入がおすすめ!公式サイトで確認
20日間の返金保証付きで、いつでも解約OK!さらにお約束回数もなし!

【LPLP ルプルプ エッセンスカラートリートメント

カラートリートメント


おすすめ度:★4.0

染まり ★ 4.0 | 手触り 5 | コスパ 3.0 |

created by Rinker
ルプルプ(LPLP)
¥3,630 (2024/06/18 01:04:05時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

  • 最短3分で染まる
  • Wフコイダンが頭皮表面と内部を保湿
  • 94.5%天然由来成分
  • バリエーションが5色と多い。自分に合う色を選びやすい

基本情報

放置時間3分
色のバリエーション・アッシュブラウン
・ハニーブラウン
・ウォルナットブラウン
・チークブラウン
・エボニーブラック
成分・フコイダン
・25種の植物美容成分
・6種類のオーガニックオイルとパールエキス
容量170g
価格3630円(Amazon参照)
1g当たり21.3円

公式サイト:https://www.626214.com/product/essence-color-treatment/index.html

LABOMO ラボモ】スカルプアロマ ヘアカラートリートメント

スカルプアロマ ヘアカラートリートメント


おすすめ度:★3.8

染まり ★ 4.5 | 手触り 4.0 | コスパ 3.0 |

created by Rinker
アートネイチャー
¥3,700 (2024/06/17 14:41:30時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

  • たったの3分で白髪を自然な色へ
  • 21種類の美容保湿成分を配合
  • トリプルモイストリペア効果

基本情報

放置時間3分
色のバリエーション・ブラウン
・ダークブラウン
・ナチュラルブラック
成分・21種類の美容保湿成分を配合
・4つのフリー処方
容量200g
価格3740円(公式サイト参照)
1g当たり18.7円

公式サイト:https://ec.artnature.co.jp/shop/g/g5016810/

【サスティ(ピュール)】 利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント


おすすめ度:★3.8

染まり ★ 4.5 | 手触り 4.0 | コスパ 3.5 |

利尻カラートリートメントの色見本
出典:自然派クラブサスティ
created by Rinker
ピュール
¥2,455 (2024/06/17 14:41:29時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

  • 無添加・ノンシリコーン
  • フコイダンやアルギニン酸が髪と頭皮の潤いを守る
  • 天然由来28種のトリートメント成分で、頭皮と髪を健やかに保つ

基本情報

放置時間10~15分
色のバリエーション・ライトブラウン
・ナチュラルブラウン
・ダークブラウン
・ブラック
成分・天然利尻昆布エキス
・28種の植物由来成分
容量200g
価格3300円(公式サイト参照)
1g当たり16.5円

公式サイト:https://www.sastty.com/shop/g/g140100/

【市販の】白髪染めトリートメント5選

ドラックストアでよく見かけるトリートメントからおすすめを紹介します。

手触りや成分的には『高品質なトリートメント』に劣るもの、どこでも購入でき、継続しやすいのがポイントです。

【syoss サイオス】カラートリートメント

カラートリートメント


おすすめ度:★★★★☆ 3.8

染まり ★ 3.5 | 手触り 3.0 | コスパ 5.0 |

  • サイオスカラートリートメントのダークブラウン
created by Rinker
サイオス
¥1,097 (2024/06/18 11:32:35時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

  • たった1回で染まる独自処方
  • 濡れた髪でも乾いた髪でも使える
  • コスパ良く染まりが優秀

基本情報

放置時間5分~10分
色のバリエーション・ライトブラウン
・ナチュラルブラウン
・ダークブラウン
・アッシュブラック
成分・ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン
・加水分解ケラチン
容量180g
価格909円(Amazon参照)
1g当たり5.05円

公式サイト:https://syoss-selfcoloring.jp/product/color-treatment/

CILEO シエロ】カラートリートメント

カラートリートメント


おすすめ度:★3.66

染まり ★ 3.0 | 手触り 3.0 | コスパ 5.0 |

created by Rinker
シエロ
¥1,172 (2024/06/18 12:32:48時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

  • リタッチ用と全体用と二つのバリエーション(ノズルが違う)
  • 自然由来指数90%以上

基本情報

放置時間5分~10分
色のバリエーション・ナチュラルブラウン
・ダークブラウン
製品バリエーション・リタッチ用
・全体用
成分・アルガンオイル
・ツバキオイル
・オリーブオイル
容量230g
価格1236円(Amazon参照)
1g当たり5.37円

公式サイト:https://www.cielo.jp/lineup/color-treatment/

Bigen ビゲン】カラートリートメント

カラートリートメント


おすすめ度:★3.5

染まり ★ 2.5 | 手触り 3.0 | コスパ 5.0 |

特徴

  • 次の白髪染めまで髪色をなじませる
  • 白髪と染めた髪を自然になじませる

基本情報

放置時間5分
色のバリエーション・ナチュラルブラウン
・ダークブラウン
・アッシュブラウン
・ナチュラルブラック
成分・タウリン
・ツバキオイル
・ヒアルロン酸
容量180g
価格878円(Amazon参照)
1g当たり4.87円

公式サイト:https://www.bigen.jp/color_treatment/

SALON de PRO サロン ド プロ】カラートリートメント

カラートリートメント


おすすめ度:★4.0

染まり ★ 4.0 | 手触り 3.0 | コスパ 5.0 |

特徴

  • 毎日使えて、放置時間はたったの5分
  • 白髪染め併用と白髪染めの代わりと2種類の提案
  • 一度で染めるというより、徐々に目立たなくする

基本情報

放置時間5分
しっかり染めたい場合:10分から30分
色のバリエーション・ナチュラルブラウン
・ダークブラウン
・アッシュブラウン
・ローズブラウン
・ナチュラルブラック
成分椿オイルやローズマリーエキスなど
5種のトリートメント成分配合
容量180g
価格689円(Amazon参照)
1g当たり3.8円

公式サイト:https://salondepro.jp/item_info/woman_color_treatment.html

PRIOR プリオール】カラーコンディショナー N

カラーコンディショナー N


おすすめ度:★3.3

染まり ★ 2.0 | 手触り 3.0 | コスパ 5.0 |

※スライドしてみてね

色味のタイプ

寒色よりのブラウン

基本情報

放置時間5分
色のバリエーション・ブラウン
・ダークブラウン
・ブラック
・グレイ
成分・天然海藻エキス
・ミネラル&コラーゲン
容量230g
価格1408円(Amazon参照)
1g当たり6.12円

公式サイト:https://www.shiseido.co.jp/sw/c/products/SWFG070410.seam?shohin_pl_c_cd=731801&online_shohin_ctlg_kbn=1

【ROHTO ロート】50の恵み 頭皮いたわりカラートリートメント

50の恵み 頭皮いたわりカラートリートメント


おすすめ度:★3.6

染まり ★ 3.5 | 手触り 3.0 | コスパ 4.5 |

特徴

  • リタッチしやすいノズル
  • 手間のかからない週1の使用
  • 染まりが良い独自の染料濃度

色味のタイプ

暖色よりのブラウン

基本情報

放置時間5~10分
色のバリエーション・ライトブラウン
・ダークブラウン
・ナチュラルブラック
・ブラック
成分・5種の海藻成分
容量150g
価格1400円(Amazon参照)
1g当たり9.3円

公式サイト:https://jp.rohto.com/50megumi/shiraga/

【黒髪】にお勧め白髪染めトリートメント3選

黒髪になじむカラートリートメントを紹介します。

【スカルプD】ヘアカラーコンディショナー QR2

ヘアカラーコンディショナー QR2


おすすめ度:★ 3.8

染まり ★ 4.5 | 手触り 3.5 | コスパ 3.5 |

特徴

  • 髪と頭皮を保護するスカルプD プロテクト設計
  • 6つのハリコシ成分
  • ロングディープカラー設計で深い色合いが続く

色味のタイプ

暖色寄りの黒

基本情報

放置時間5~10分
色のバリエーション・ナチュラルブラック
・ダークブラウン
成分・加水分解ケラチンなど6種のハリコシ成分
容量150g
価格2343円(Amazon参照)
1g当たり15.62円

公式サイト:https://scalp-d.angfa-store.jp/brand/haircolor/

デミ コスメティックス】エレベート カラーコンディショナー

エレベート カラーコンディショナー


おすすめ度:★4.0

染まり ★ 4.0 | 手触り 4 | コスパ 4.0 |

特徴

  • シリコンフリーの処方で髪に自然なボリュームを
  • ホホバ種子油やヒアルロン酸Naなどが髪に潤いを

色味のタイプ

寒色寄りのグレー

基本情報

放置時間5~10分
色のバリエーション・グレー
・アッシュブラウン
成分・ヒアルロン酸Naやホホバオイルなど保湿成分
容量・60g
・230g
価格935円
2750円(公式サイト参照)
1g当たり11.9円

公式サイト:https://www.demi.nicca.co.jp/elevate/haircare.html

【syoss サイオス】カラートリートメント FOR MEN

カラートリートメント FOR MEN


おすすめ度:★3.8

染まり ★ 3.5 | 手触り 3.0 | コスパ 5.0 |

特徴

  • ダブルケラチン配合
  • 3種海藻エキス配合

色味のタイプ

自然な黒髪のような色味

基本情報

放置時間3分
色のバリエーション・ナチュラルブラック
・ダークブラウン
成分・ダブルケラチン配合
・3種の海藻エキス
容量180g
価格935円(Amazon参照)
1g当たり5.19円

公式サイト:https://syoss-selfcoloring.jp/product/color-treatment-formen/

次の章から白髪染めトリートメントについて、詳しく解説していきますね。

白髪染めトリートメントとは

白髪染めトリートメントは、トリートメント基材に染料を配合した製品です。

髪の表面をコーティングするタイプの染料が配合されており、

  • 塩基性染料
  • HC染料
  • 植物性染料

これらを配合しています。

これらは、通常の白髪染めとは違います。

通常の白髪染めと白髪染めトリートメントの違い

白髪染めトリートメント」と「白髪染め」は白髪を染めれますが、まったくの別物です。

それぞれ、成分や効果、染まり方が違います。

その違いを理解し、希望に合わせて使用することが重要ですよ。

通常の白髪染めの成分

主な成分は3つ。

  • アルカリ:キューティクルを開いたり脱色作用がある
  • 過酸化水素:脱色と染色作用
  • ジアミン:染料

作用する場所

脱色力があり、色のバリエーションが豊富。

メリット

  • 様々な明るさや色味が選択できる
  • 染めた直後から結果が得られる
  • しっかりと白髪をカバーできる
  • 一度染めると、色が長持ちする

デメリット

  • 配合された化学物質が髪と頭皮の負担に
  • ジアミンアレルギーのリスク
  • 手間や時間、料金などコストがかかる

白髪染めトリートメントの成分

白髪染めトリートメントは2つ。

  • 染料:主に白髪に色を付ける
  • トリートメント成分:頭皮や髪に効果のある成分

作用する場所

脱色力がなく、刺激が少ない。

メリット

  • 頭皮と髪にやさしい
  • トリートメント効果が高い
  • 手軽に染めれる
  • アレルギーリスクが少ない
  • 継続的な使用により、白髪のなじみが良い
  • 美容院代を節約できる

デメリット

  • 一度では染まらない
  • 色持ちが悪い
  • 黒髪を明るく出来ない
  • 白髪染めへの影響(併用派の人限定)

それぞれの成分や染まり方について簡単に比較しました。

次は、通常の白髪染めのメリット・デメリットを詳しく見ましょう。

【白髪染め】のメリット・デメリット

ここでは、白髪染めの4つのメリットと3つのデメリットについて、解説しますね。

【白髪染め】の4つのメリット

白髪染めの主なメリットはこちらです。

  • しっかりと白髪をカバーできる
  • 一度染めると、色が長持ちする
  • 様々な明るさや色味が選択できる
  • 染めた直後から結果が得られる

デザインや色味など多彩なため、白髪染めの使用ケースが非常に多いです。

しかし、デメリットも無視できません。

【白髪染め】の3つのデメリット

無視できないデメリットはこちら。

  • 配合された化学物質が髪と頭皮の負担に
  • ジアミンアレルギーのリスク
  • 手間や時間、料金などコストがかかる

白髪染めは高い頻度で行われやすいです。

そのため、髪のダメージが進行し、髪が「ギシギシ」「ゴワゴワ」になってしまう場合も。

また、突然かゆみやアレルギーが発症する可能性もあります。

長期的なリスクがあるため、施術には注意が必要です。

白髪染めトリートメントの【5つのメリット】

ぼくが感じる、主なメリットはこちらです。

  • 頭皮と髪にやさしい
  • トリートメント効果が高い
  • 手軽に染めれる
  • アレルギーリスクが少ない
  • 継続的な使用により、白髪のなじみが良い
  • 美容院代を節約できる

簡単に解説します。

①頭皮と髪にやさしい

通常のヘアカラーに比べて、頭皮と髪のダメージが少ないです。

トリートメントに色素を入れているため、髪を傷める成分が配合されていないから。

頭皮と髪に刺激がかなり抑えられていますよ。

②トリートメント効果が高い

白髪染めトリートメントは髪や頭皮にやさしい成分が配合されています

髪をツヤツヤにしながら、白髪ケアは大きなメリットですよね。

③手軽に染めれる

白髪染めは、1~2か月に1回くらいが多いのではないでしょうか?

しかし、白髪染めトリートメントは「自宅で」「手軽に」「気になるとき」に使用できます。

継続使用で、白髪が気にならなくなります。

④アレルギーリスクが少ない

白髪染めで、かゆみやかぶれに悩まされる方は、意外と多いものです。

多くの場合はジアミンアレルギーです。

白髪染めトリートメントは、一部の製品を除いてジアミンを使用していません。

⑤継続的な使用により、白髪のなじみが良い

次の白髪染めまで、どのくらい期間を空けるでしょうか?

白髪染め後は、2週間で白髪が見え始め、4週間で染めたくなると言われています。しかし、まめに染めれない方も多いのが事実です。

白髪染めトリートメントは、白髪が気になり始めてから継続的に使用でき、白髪をなじませることができます。

つまり、白髪をなじんだ状態を維持しながら、次の白髪染めの時期まで過ごすことができます。

⑥美容院代を節約できる

ぼくのお店では、根元のカラーは5200円です。

1か月に1回染めると年12回で62,400円です。

これを2ヶ月に1回にすると、年6回になり、31,200円になります。

年間で約30,000円ほど節約できます。

頭皮と髪の負担を減らし、かつ節約になるなら、使わない手はありません。

白髪染めトリートメントの【4つのデメリット】

                                                                                 

主なデメリットは以下の通りです。

順に簡単に解説します。

①一度では染まらない

白髪染めした毛先より根元の白髪のほうが健康な毛のため、染まりが悪いです。

そのため、一度ではしっかり染まらず、数回行う必要があります。

しかし、白髪が染まりすぎないのが都合いい場合もあります。

例えば、急激な変化を望まない場合や、自然に白髪をなじませる場合などです。

②色持ちが悪い

白髪染めより色落ちしやすいです。

そのため定期的な使用が必要です。

一方で、使用をやめて一定期間たつと、元に戻りやすいメリットとも言えます。

③黒髪を明るく出来ない

白髪染めとは違い、アルカリや過酸化水素など髪を明るくする成分がはいっていません。

そのため、刺激やダメージが少ないのです。

④白髪染めへの影響がある

白髪染めトリートメントは白髪染めに制限を与える場合があります

それは主にこのような場合です。

  • 色が入りすぎて暗くなる
  • ムラになってしまった
  • 赤味が強く出てしまい、寒色系の白髪染めができない

白髪染めトリートメントの色素は白髪染めでは分解できないためです。

併用をするために、美容師と相談したり、明るめや髪色に合ったトリートメントを使用しましょう。

【ヘアカラー美容師がお勧めする】白髪染めトリートメントに戻る

【選び方のコツ】自分にぴったりのトリートメントを見つける方法

選び方のコツは製品や色味を探す前に、考えるべきポイントがあります。

それは

白髪染めトリートメントに切り替える』のか『白髪染めと併用する

どちらか考えることです。

『白髪染めトリートメントに切り替える』のか『白髪染めと併用する』のか考える

カラーリストの目線から、白髪染めトリートメントを選ぶコツを解説しますね。

はじめに考えるべきポイントはこちら。

  1. 『白髪染め』→『白髪染めトリートメントに切り替える』
  2. 『白髪染めと併用する』

なぜなら、1と2では選ぶポイントが違うからです。

白髪染めと白髪染めトリートメントは、相性がいいとはいえません。

白髪染めトリートメントによって、白髪染めが限定されることがあるのです。

順に解説しますね。

【選び方】①『白髪染め』→『白髪染めトリートメントに切り替える』

①の場合は簡単です。

白髪染めトリートメントは明るく出来ません。

根元の白髪を中心に塗布し、毛先に伸ばしていきましょう。

白髪の染まり具合

白髪染めトリートメントは健康な髪ほど染まりにくく、ダメージしているほど色が入りやすいです。

つまり伸びてきた新しい白髪は、特に染まりにくいのです。

白髪染めトリートメントの選ぶ基準(白髪な量が多いか少ないか)

白髪が多い方は少し暗めの色を意識するとよいでしょう。

白髪染めトリートメントの成分

頭皮の健康を考えられた成分が配合された製品がおすすめです。

白髪を染めながら、頭皮のエイジングケアができるからです。

そのエイジングを抑えるためには、以下のような成分に注目してください。

頭皮の健康を考えた成分(例)

フコイダン、植物エキス、ビタミンE、セラミドなど。


※エイジングとは

髪や頭皮のエイジングは、30歳頃から感じ始めます。具体的には、髪は、徐々に細く少なく、細かいうねり毛や白髪の割合が増えます。徐々に、成長している毛髪の割合が減り、伸びる速さが遅くなります。頭皮は薄く硬く動きにくくなり、皮脂の分泌が少なく、室温で固形の皮脂の割合が増える傾向です。

引用元:https://www.kao.com/jp/haircare/health-of-scalp/20-1/
白髪染めトリートメントの色味
出典:https://kamikacosmetics.jp/lineup/cltr/

色味は大きく暖色系と寒色系に分かれます。

例えば、ダークブラウンという色名であっても、

赤味がある』or『赤みがない』

などの製品によって違います。

製品ごとの色味を参考に、希望に合った製品を選びましょう。

継続しやすいかどうか

白髪染めトリートメントは継続が重要です。

続けやすい価格のモノを選びましょう。

【選び方】②『白髪染めと併用する』

②『白髪染めと併用する』場合は少し工夫が必要です。

何度も言いますが、白髪染めと白髪染めトリートメントは相性がいいとは言えないからです。

あくまで白髪染めをメインとして考えることが必要です。

そして、白髪染めトリートメントは美容院までの繋ぎとして使用しましょう。

その理由について簡単に解説しますね。

【前提】白髪染めトリートメントは根本が明るく毛先が暗くなりやすい

※スライドしてみてね

これは、特に白髪の多い人にですが…。

前提として、白髪染めトリートメントは髪全体に使用すると、根元が明るく毛先が暗くなります。

なぜなら、白髪染めトリートメントは根元が染まりにくく、毛先は色が入りやすいためです。

毎回毛先まで使用すると、毛先にかけて色素の蓄積量が多くなり、どんどん毛先が暗くなっていきます。

そのため、色は明るめを使用し、根元付近のみ染めることをお勧めします。

【色の選び方】白髪染めトリートメントの色は明るめを選ぶこと

暗いトリートメントは白髪染めの妨げになる場合があるから。

髪が暗くなりすぎてしまうと、

  • 希望の色にならない
  • ムラになる
  • 明るく出来ない

といったことが起きます。

白髪染めの色を妨げないような、明るめの色を選ぶとよいでしょう。

明るめを選ぶと白髪が染まりにくいが、そのくらいがちょうどよい

明るいトリートメントを使用すると、白髪が浮いたり、キラキラしたりと、染まってないように感じるかもしれません。

しかし、あくまで白髪染めがメインです。

次回の白髪染めで、きれいな髪色を実現するためには、トリートメントで暗く染めないほうがいいでしょう。

塗布は根元付近のみ使用すること

白髪染めの履歴がある部分が染まりやすく、暗くなりすぎてしまうからです。

根元のみ染めるためには、工夫が必要かもしれません。

例えば、リタッチに向いている製品を使用したり、髪をブロックごとに分けて塗布するなどです。

また、自分から見える部分のみ染めるという手もあります。

根元のみ塗布するのが難しいなら、生え際や分け目だけでもいい

自分で染めるには、見えない後ろや内側を塗るのはとても難しいのではないでしょうか。

さらに伸びてきた白髪のみを塗るのは、より難易度をあげてしまいます。

そんな時は、生え際や分け目の見える部分だけでもいいのです。

暗くなりすぎなければ、美容院でしっかりと染め直すことは可能なはずです。

白髪染めトリートメントの使い方

白髪染めトリートメントの使用方法は簡単で、効果的な白髪ケアを実現できます。以下の手順で使用してください。

準備物

準備しておくアイテムはこちらです。

手袋

素手で白髪染めトリートメントを使用すると、爪や手が染まってしまう場合があります。

数日で取れますが、手が汚れているように見えるので、手袋をしたほうがいいと思います。

手にフィットするタイプの手袋が使いやすいです。

タオル

白髪染めトリートメントは髪の表面に色が付きます。水にぬれていると、タオルに色移りする場合がああります。

汚れが気にならないタオルを準備しましょう。

また、髪が濡れていると、服や床にも色移りする場合があるので、すぐに乾かすようにしましょう。

ブラシやコーム

塗布が終わってから、全体的になじませる用のブラシやコームを一つ準備しておきましょう。

しっかりと塗れたと思っていても、後ろや内側にムラが残っているものです。

最後にブラシやコームでなじませましょう。

タイマー

放置時間で染まり具合が変わります。

推奨時間より長くしたり、短くするなど、髪によって調整したほうがいいです。

自分の髪にちょうどよい放置時間を知るためにもタイマーを入れましょう。

効果的な使用方法を7ステップ

白髪染めトリートメントの使用方法を以下にまとめました。

  1. シャンプーをして汚れを取る
  2. タオルドライで水気を取る
  3. 白髪が目立つ箇所から塗布する
  4. 髪全体に馴染ませる
  5. 放置する
  6. 色水が出なくなるまで洗い流す
  7. タオルドライをして乾かす

これらの手順を丁寧に行うと、効果的に白髪のケアができるでしょう。

それぞれ簡単に解説しますね。

①シャンプーをして汚れを取る

頭皮と髪の汚れを落としましょう。

スタイリング剤に含まれているシリコンや頭皮の脂質により、白髪の染まりが悪くなることがあります。

しっかりと汚れを取り除くことで、白髪染めトリートメントの効果を最大にできるでしょう。

タオルドライで水気を取る

髪の水分が多いと染まりが悪くなります。

シャンプー後に、できればタオルで水分を取り除きましょう。

意外とタオルドライは重要です。

白髪が目立つ箇所から塗布する

「もみあげ」や「こめかみ」、「分け目」など白髪が目立つ個所から塗布しましょう。

はじめに塗布することで、塗り残しが少なく、時間も長くおけます。

塗布としては根元をまずしっかり塗りましょう。

髪全体に馴染ませる

根元全体を塗布してから、最後にコームやブラシを使い、髪全体にトリートメントをなじませましょう。

コーミングで内側や後頭部など塗りムラを防ぐことができます。

⑤放置する

製品によって放置時間は変わりますが、個人的に少し長めの放置時間をお勧めします。

推奨している時間を守り、それでも染まりが弱いようなら+5分から10分長くしてください。

色水が出なくなるまで洗い流す

しっかりと流しましょう。

色水が残ると、タオルや衣類の汚れの原因や頭皮の負担になり得ます

タオルドライをして乾かす

汚れが気にならないタオルで水分をとり、ドライヤーで乾かしましょう。

しっかり乾かすと色移りもしにくいです。

使用量の目安

使用量の目安は以下の通りです。

  • ショート:ピンポン玉1つ
  • ミディアム:ピンポン玉2つ
  • ロング:ピンポン玉3つ

気になる箇所にはたっぷりと付け、少ないと感じる場合は、さらに塗り足すくらいがよいでしょう。

うまく染まらない時のヒント

うまく染まらない時の確認するポイントをまとめます。

簡単に解説しますね。

継続的な使用が必要

白髪染めトリートメントの効果は徐々に現れます。

最初は連続使用して色を定着させ、その後は週に数回の使用がおすすめです。

塗布量を多くする

多く使うと、もったいないと感じるかもしれません。

しかし、少ない塗布量だと染まりが弱く、染め直しが必要になってしまいます。

白髪が気になる部分は、特に塗布量を意識しましょう。

放置時間を長くする

既定の時間より5~10分長くしてみましょう。

通常の白髪染めとは違い、髪のダメージは進行しませんので安心しましょう。

ただし、30分くらいが限度です。

乾いた髪に使用する

濡れた髪より、乾いた髪のほうがしっかり染まります。

セット剤やオイル等が付いている場合は一度流し、乾かしてから使用してください。

白髪染めトリートメント1度の使用では100%染まらない

通常の白髪染めはアルカリや過酸化水素などが配合されているため、髪の内部まで一度で染められます。

しかし、白髪染めトリートメントはそのような成分が含まれておらず、1度の使用では100%染まりません。

やさしい成分のみで作られているため、髪の表面をコーティングするように、徐々に染まっていきます。

そのため、同じ商品を使用しても「よく染まる」「全く染まらない」と意見が分かれることがあります。

これが、「本当に染まるのか」という疑問を生む一因です。

白髪を染めるには、

  • ご自身の髪質と相性の良い製品を探す
  • 正しい使用方法を実践する

といったことが必要です。

これらを実践することで、白髪を目立たなくすることが可能です。

そのほかの【2つの注意点】

これまでは、白髪染めトリートメントの染まりについて解説してきました。

ここでは、以下の注意点を解説します。

  • 手や爪が染まるの?
  • お顔や耳はどうする?
  • 浴室の汚れの防ぎ方

手や爪が染まるので手袋を着用しよう

素手で白髪染めトリートメントを使用すると、手や爪が染まります。

手袋の使用をお勧めします

トリートメントを爪に塗って塗布すると防ぐこともできるようですが、完全には防ぐことができないでしょう。

特にネイルをしている方は要注意です。

お顔や耳にはクリームを塗ろう

手以外にも染まりそうな部分てありますよね?

フェイスラインや襟足、耳にもトリートメントはつきやすいはずです。

その際はハンドクリームやワセリンなど油性のクリームフェイスラインから襟足、耳に塗りましょう。

油分がトリートメントをブロックしてくれるはずです。

浴室の汚れの防ぎ方

浴室の汚れの防ぎ方は以下の通りです。

  1. 使用前に浴室の壁や床に水を軽くかけておきましょう
  2. 髪を流す際はすぐに床、壁も一緒に洗い流しましょう
  3. バスルーム用のクリーナーやスポンジを準備しておきましょう。

トリートメントが飛んだら、すぐに洗い流すことが重要です。

よくある質問とその答え

Q
白髪染め後にカラートリートメントを使用しても良いですか?
A

はい。白髪染めトリートメントであれば、次回の白髪染めの妨げにならないような、製品や色を使用するとよいでしょう。

具体的には、白髪染めの明るさが黒以外であれば、少し明るめの色を選択するといいはずです。暗い色を使用すると、暗くなりすぎたり、色を変えられなかったりと、白髪染めの妨げになるかもしれません。

Q
白髪染めトリートメントの色持ちはどうでしょうか?
A

白髪染めトリートメントの色持ちは一般的に1週間から2週間程度とされていますが、これは使用する色や髪質によって異なることがあります。

色が完全に落ちるわけではなく、色素が薄く残る場合が多いです。

長持ちさせるためのコツは、最初の3日間は連続で使用し、その後は週に2回から3回継続的に使用することです。

この方法により、色持ちを良くすることができます。

Q
白髪染めトリートメント以外の白髪の対処の仕方はどのようなものがありますか?
A

白髪染めトリートメント以外にも、白髪対策の方法はいくつかあります。

例えば、以下のようなものが含まれます。

  • 白髪隠しアイテム
  • 白髪染め
  • おしゃれ染めで白髪をぼかす
  • ヘアマニキュア
  • ヘナ
  • 香草カラー

これらはそれぞれ特徴が異なるので、自分のライフスタイルや白髪の状態に合わせて、最適な方法を選ぶことが重要です。

美容師と相談し、自分に合った対策を選びましょう。

Q
ちらほらと見える白髪に対して、カラートリートメントは効果的ですか?
A

はい、カラートリートメントは白髪が少ない場合に特に効果的です。

白髪が目立ち始めた段階で使用すると、自然に白髪をカバーできます。

特に濃い色のカラートリートメントは、白髪をより効果的に隠すことができます。

しかし、既にヘアカラーや白髪染めを使用している場合は、次回のヘアカラーの色の出方に影響を与えることもあるため、使用する際は慎重に選ぶことが重要です。

最適なカラー選びや使用頻度については、美容師に相談するのが良いでしょう。

Q
白髪染めと白髪染めトリートメントを一緒に使っても大丈夫ですか?
A

はい、大丈夫です。

もし、白髪染めで髪を黒に近い色に染めている場合は、ブラック系のトリートメントを選ぶと良いでしょう。

一方、少し明るめの色で染めている場合は、白髪が少し浮く程度のトリートメントを選ぶことをお勧めします。

これは、白髪染めの色を邪魔しないようにするためです。

Q
根元のみの白髪にも使用できますか?
A

はい、できます。

カラートリートメントは根元を中心に塗布することをお勧めします。

毛先は色が定着しやすく、長期間の使用により色が濃くなることがあるため、注意が必要です。

毛先が暗くなり過ぎるのを避けるためにも、根元を中心に使い、全体的な髪色を確認しながら、1〜2週間に1回程度全体に塗布すると良いでしょう。

Q
女性向けと男性向けの白髪染めトリートメントの違いは?
A

女性向けと男性向けの白髪染めトリートメントの主な違いは、香り、パッケージデザイン、および特定の成分にあります。

特徴女性向け男性向け
香りフローラルやフルーティな香りウッディな香り
デザイン柔らかい色合い、華やかなデザインシンプルで洗練されたデザイン、ダークトーンが一般的
成分髪のボリュームやツヤを重視した成分頭皮ケアや髪強化を重視した成分

これらの違いは、男女の好みや需要に応じて設計されたものであり、基本的な白髪を染める効果には大きな差はありません。

性別に関わらず、個々のニーズや好みに合った製品を選ぶことが重要です。

まとめ

自分に合った白髪染めトリートメントの選び方と使用について

  1. メリットを理解しよう:白髪染めトリートメントは、頭皮への優しさや継続使用による白髪とのなじみが魅力です。美容院代の節約にもつながります。
  2. 選び方のポイント:使用パターンに合ったものを選びましょう。成分にも注目し、継続しやすい製品を探してください。
  3. 正しい使用法:シャンプー後に適量を髪全体に塗布し、放置した後に洗い流します。初めは3日連続、その後は週1~2回が目安です。
  4. 注意点を確認:手や爪が染まらないようにし、浴室の汚れにも気を付けましょう。

まとめ

白髪染めトリートメントは、使用方法や選び方を理解すれば、自分に合ったケアが可能です。

様々なメリットを活かし、白髪の悩みを軽減しましょう。

また、当ブログの他の記事も参考に、白髪に関する総合的な情報を得てください。

関連リンクはこちら

白髪染めトリートメントと白髪染めについて

【カラーリスト監修】白髪染めトリートメントって何?白髪染めの違いや良い点・気になる点について解説

【おすすめな白髪染めトリートメント完全ガイド】選び方から使用法まで

白髪ケアの新常識!白髪染めとカラートリートメントを併用して美髪を保つ方法

白髪用カラーシャンプーについて

【白髪に効果ある?】白髪用ムラサキシャンプーのおすすめとは

白髪隠しアイテムを活用する

美容院の白髪染めと次回までの”つなぎ”!最新の白髪ケア4選

白髪染めの悩みを解消する

【ゴワゴワ・キシキシ・パサつき】白髪染めのダメージ別の原因と傷ませない方法を解説

「おしゃれ染め」と「白髪染め」の違いを知って、自分に合ったヘアカラー見つけよう!

【10代・20代・若者向け】白髪染めガイド|カラーリストが白髪の原因と対策も解説

【すぐ落ちる】白髪染め後の白髪がキラキラ&浮き問題|原因と対策を解説

ジアミンフリーで安心!低刺激な白髪染めを徹底解説

白髪染めによるかゆみにサヨナラ!専門家が教える原因と解決策

白髪ケアも簡単に!自宅でできる白髪染め方法とおすすめアイテム

【知っていますか?】白髪染めの頻度を減らす方法と適正な頻度|カラー専門の美容師が解説

【本当に染まる?】白髪染めシャンプーのメリットとデメリットをカラーリストが解説

どちらがいい?暗い白髪染めを明るくする方法【セルフカラーと美容院の両方を解説】

コメント

タイトルとURLをコピーしました