グレイヘア移行期にカラートリートメントがオススメ|カラー専門美容師が解説

※当サイトはPRが含まれています

・白髪が気になり始めたけど、どうケアを始めればいいかわからない。
・白髪染めを続けるのは負担に感じるが、自然な白髪にするにはどうすればいい?
・どのような製品を選び、どのように使用すれば白髪を美しく見せられる?

白髪を美しく見せるためには、白髪染めだけではなく、自然な白髪への移行方法や、適切な製品の選び方、使い方も知っておく必要があります。

この記事を書いている私は15年以上ヘアカラー専門で、多くのお客様の髪を美しく染めるお手伝いをしてきました。特に白髪の悩みに対して様々な解決策を提供しています。

佐藤建次の自己紹介画像

ぼくの詳しいプロフィールはこちら

この記事の内容

グレイヘアへの移行方法、白髪染めとの違い、おすすめのカラートリートメントなど、白髪に関する情報を総合的に解説。

この記事を読んで得られること

グレイヘアに移行するための正しい知識えて実行できるようになる

白髪も美しさの一部と捉え、その魅力を最大限に引き出すためのアドバイスが詰まっています。白髪に自信を持ち、自分を素敵に感じるための一歩を踏み出しましょう。

スポンサーリンク

1. グレイヘアとは?

グレイヘアとは自然な白髪を活かしたスタイルや白髪を活かしたカラーのことです。

白髪は老化の象徴とされ、隠すものという意識が強かったのですが、著名人が自然な白髪を活かすスタイルを披露し、一般の人でも、グレイヘアにする人が増えています。

2. 白髪染めとグレイヘアの違い

白髪染めとグレイヘアは大きく異なります。

白髪染めは白髪を隠すために使用し、グレイヘアは自然な白髪を受け入れ、それを自然な髪色にする方法です。

3. 白髪染めとは

白髪染めとは人工的な色素で白髪を染める方法です。

市販のカラー剤から美容院のカラー剤など様々な種類があります。

3.1 白髪染めとはどんなもの

白髪染めとは黒髪と白髪が混在した髪を均一に染めるように設計されたカラー剤です。

おしゃれ染めに比べてカラーの染料が非常に濃く、赤みのある茶色が含まれています。

そのため、一度染めた髪色を変えることが難しくなり「明るくならない」、「茶色い毛先の色を変えられない」といった問題を引き起こします。

3.2 グレイヘアにするための期間や白髪の量

白髪染め履歴からグレイヘアに移行するには、髪の長さや移行の仕方にもよりますが、1年から2年ほどかかることがあります。

また、一定の白髪の量も必要で、最低でも30%。理想的な量は80%といわれています。

移行を考える際は移行期間の長さも理解し、白髪の量も確認してみましょう。

4. グレイヘア移行期カラートリートメントがおすすめ

白髪染めを続けることに抵抗がある方や、グレイヘアへの移行期を少しでも自然に過ごしたい方には、カラートリートメントがおすすめです。

理由の一つとして、地毛を明るくすることなく、伸びた白髪と毛先の色をなじませることができます。

グレイヘアに移行するには、白髪染めを辞めて、地毛の色を育てる必要があります。カラートリートメントは白髪を染まるが黒髪は明るくならず、

使用をやめると徐々に色が取れ、グレイヘアに移行することができます。

5. カラートリートメントの選び方や注意点

グレイヘアに移行期に使用するカラートリートメントは通常のカラートリートメント選びとは違います。

カラートリートメントを選ぶポイント

「すこし明るめの色合い」と「赤味の少ない」製品を選ぶこと。

理由はカラートリートメントをやめた際に、

白髪に戻ってほしいからです。

詳しく説明すると、

カラートリートメントを使用してグレイヘアに移行するには3つのステップに分かれます。

  1. 白髪染めをやめる
  2. カラートリートメントを使用して、根元の白髪と白髪染めの毛先をなじませて伸ばす
  3. カラートリートメントを徐々に辞めて白髪に戻していく

この「3」の際に濃いカラートリートメントを使用していると白髪に戻らない可能性があるからです。

また、赤味が強いと色が取れても茶色が残る可能性があり、白髪と相性が悪いためです。

赤みが強くなく、すこし明るめの色合いのカラートリートメントを使用することをおすすめします。

5.1 カラートリートメントの特徴

カラートリートメントは髪の毛の表面に色素が吸着して髪が染まります。

通常のヘアカラー(白髪染め)との違いは以下の通りです。

脱色力がない

黒髪を明るくできないので、白髪の少ない方は黒っぽく染まります。また、茶色い毛先は暗くなります。

染色力が弱い

白髪染めに比べて染色力は弱い傾向があります。

多くのカラートリートメントは1度では染まらず、「使い続けると徐々に白髪が気にならなくなる」といった染まり方になります。

色数が少ない

ヘアカラーに比べると色が少ない傾向があります。

「明るい」「普通」「暗い」のような3種類が多いです。「普通」か「明るい」の使用をお勧めします。

5.2 カラートリートメントが向いている人

ヘアカラートリートメントを使用してグレイヘアに移行に特に適している人を解説します。

5.2.1 ヘアスタイル

特にショートスタイル~ボブスタイルが適しています。

  • 髪が生え変わるのが早い
  • カラートリートメントの使用量が少ない
  • カラートリートメントが塗布しやすい

もちろんロングもダメではありませんが、少し時間がかかってしまうかも。

5.2.2 白髪の量と白染めの明るさ

白髪の量は多い(30%以上)ほうがよく、白髪染め履歴の髪は明るめ(7レベル以上)のほうがいいです。

白髪の量が多いほうがカラートリートメントの効果を実感しやすいです。

白髪染め履歴の髪は明るいほうがカラートリートメントがなじみやすく自然な仕上がりが期待できます。

5.3 カラートリートメントの選ぶべき色味

カラートリートメントの選ぶべき色味は

「少し明るめの色合い」

「赤味が少ない色」

自分の白髪染め履歴の色に合った色にする必要がありますが、あまり黒くないものがいいです。

5.4 カラートリートメントのデメリット

カラートリートメントのデメリットについても触れていきます。

5.4.1 赤味がでやすい

デメリットに一つに「赤味がでやすい」という現象があります。

カラートリートメントは白髪を染めるためにブラウンを配合しているが、赤みのブラウンの場合が多いです。

この赤味がグレイヘアとの相性があまりよくないので、赤みの少ないカラートリートメントを使用しましょう。

5.4.2 髪質によって染まり具合がかわる

髪質によって染まり具合が変わります。

太い髪や細い髪でも変わります。特にダメージしていく髪には濃く入る傾向があります。

カラートリートメントは自分でやるため、髪質に合わせて塗り分けることができません。

そのため、毛先が濃く仕上がったり、思ったより白髪が染まらないなど、髪質によってムラがでやすいです。

5.4.3 色がどのくらい抜けるかわからない

カラートリートメントの色や種類によっても染まりや抜け方が変わります。

カラートリートメントでも様々なメーカーによって色や濃さ、染まり具合は違います。

そのため、カラートリートメントをやめた際にどのくらい色が抜けるか予想がつかないということが起きます。

このように、カラートリートメントは髪や頭皮を傷めずに白髪を染める便利な反面デメリットもあるので、グレイヘアに移行しやすいカラートリートメントを選びましょう。

6. お勧めのカラートリートメント

【KAMIKA カミカ】カラートリートメント

アッシュブラウンがおすすめ。

カラートリートメント


おすすめ度:★4.0

染まり ★ 4.5 | 手触り 5 | コスパ 2.5 |

特徴

  • 5つの無添加処方
  • 黒髪を育てるW成分「ヘマチン」「メタリン」
  • かゆみ・フケを抑える頭皮ケア成分
  • トリートメント成分贅沢配合

基本情報

放置時間5分
色のバリエーション・アッシュブラウン
・ローズブラウン
成分・ヘマチン・メタリン
・ジアミンやパラベン、アルカリ、鉱物油、紫外線吸収剤など5つの無添加処方
容量不明
価格5800円(公式サイト)
初回2470円
2回目以降は31%オフ
1g当たり不明

定期購入がお得!

定期的にお届け。いつでもきれいな髪でいられます。

公式サイト特典

  • 500円クーポン付き
  • 初回57%オフ!さらに2回目以降も31%オフ
  • 初回価格3330円もお特になる
  • 20日間の全額返金保証
  • いつでも変更・解約できる
今だけキャンペーン!通常5800円をクーポンを利用して2470円で試せる
いつでも変更・解約OK

BELTA ベルタヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメント


おすすめ度:★4.0

染まり ★ 4.5 | 手触り 5 | コスパ 2.5 |

created by Rinker
BELTA
¥6,138 (2024/06/17 16:15:04時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

  • リタッチに最適で生え際や気になる部分だけの染め直しも簡単。
  • 最短5分!簡単に白髪ケア
  • 業界トップクラスの美容液成分数(56種類の美容液成分+稀少オイル)

基本情報

放置時間5分
色のバリエーション・ダークブラウン
・ソフトブラック
成分・56種の美容液成分
容量200g
価格4980円(Amazon参照)
1g当たり24.9円

定期購入がお買い得!

買い忘れを防いで、いつもキレイ。

公式サイト特典

  • 初回価格は3,480円で1,500円もお得!
  • 2回目以降も20% OFF。
定期購入がおすすめ!公式サイトで確認
20日間の返金保証付きで、いつでも解約OK!さらにお約束回数もなし!

【LPLP ルプルプ エッセンスカラートリートメント

同じくアッシュブラウンがおすすめ。

カラートリートメント


おすすめ度:★4.0

染まり ★ 4.0 | 手触り 5 | コスパ 3.0 |

created by Rinker
ルプルプ(LPLP)
¥3,630 (2024/06/18 01:04:05時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

  • 最短3分で染まる
  • Wフコイダンが頭皮表面と内部を保湿
  • 94.5%天然由来成分
  • バリエーションが5色と多い。自分に合う色を選びやすい

基本情報

放置時間3分
色のバリエーション・アッシュブラウン
・ハニーブラウン
・ウォルナットブラウン
・チークブラウン
・エボニーブラック
成分・フコイダン
・25種の植物美容成分
・6種類のオーガニックオイルとパールエキス
容量170g
価格3630円(Amazon参照)
1g当たり21.3円

公式サイト:https://www.626214.com/product/essence-color-treatment/index.html

PRIOR プリオール】カラーコンディショナー N

カラーコンディショナー N


おすすめ度:★3.3

染まり ★ 2.0 | 手触り 3.0 | コスパ 5.0 |

プリオールカラーコンディショナーの画像
プリオールカラーコンディショナーの中身
プリオールカラーコンディショナーの毛束の色

特徴

  • 少しづつ着色して、気になる白髪を目立たせない
  • サラサラ質感で根元からふんわり

色味のタイプ

暖色よりのブラウン

基本情報

放置時間5分
色のバリエーション・ブラウン
・ダークブラウン
・ブラック
・グレイ
成分・天然海藻エキス
・ミネラル&コラーゲン
容量230g
価格1408円(Amazon参照)
1g当たり6.12円

公式サイト:https://www.shiseido.co.jp/sw/c/products/SWFG070410.seam?shohin_pl_c_cd=731801&online_shohin_ctlg_kbn=1

【syoss サイオス】カラートリートメント

カラートリートメント


おすすめ度:★★★★☆ 3.8

染まり ★ 3.5 | 手触り 3.0 | コスパ 5.0 |

サイオスカラートリートメント画像
サイオスカラートリートメントの中身
サイオスカラートリートメントで毛束染める
created by Rinker
サイオス
¥1,097 (2024/06/18 11:32:35時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

  • たった1回で染まる独自処方
  • 濡れた髪でも乾いた髪でも使える
  • コスパ良く染まりが優秀

基本情報

放置時間5分~10分
色のバリエーション・ライトブラウン
・ナチュラルブラウン
・ダークブラウン
・アッシュブラック
成分・ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン
・加水分解ケラチン
容量180g
価格909円(Amazon参照)
1g当たり5.05円

公式サイト:https://syoss-selfcoloring.jp/product/color-treatment/

それぞれ白髪を染めながら、白髪を育てていきましょう。

ある程度白髪染め履歴がなくなってきたら、カラートリートメントをやめてましょう。

自然に褪色して、グレイヘアの完成です。

7. カラートリートメントの正しい使い方

カラートリートメントは製品によって「乾いた髪」もしくは「濡れた髪」に使用します。製品ごとに異なるのでパッケージを確認して使用しましょう。

また使用頻度や放置時間も多少違うので注意しましょう。

7.1 カラートリートメントの手順

一般的なカラートリートメントの手順を説明します。

カラートリートメントの使用方法
  • ステップ1
    シャンプー後タオルで水気をとる

    ※水分が多いと染まりが弱くなる。

    裏技

    染まりが弱いと感じたら乾いた髪に使用してみる。そのほうが染まりがいい。

  • ステップ2
    カラートリートメントを根元付近から塗布する

    ※白髪が覆いかぶさるくらいの塗布量が必要。

    使用利用の目安
    • ショート:ピンポン玉1つ分
    • ミディアム:ピンポン玉2つ分
    • ロング:ピンポン玉3つ分

    少ないと思ったら付け足すくらいがちょうどよい。

    うまく染めるコツ

    塗布量は多めにする。

    カラートリートメントは根元の健康な部分は染まりにくく、毛先のダメージ部分は染まりやすい。

    毛先より根元にしっかり塗ること。

  • ステップ3
    時間を置く

    パッケージの放置時間を確認して時間を置く。

    うまく染めるコツ

    放置時間を長くすると染まりが良い。

    特に初めて使用する際は、+10分でもいい。最大30分までおくといいかも。

  • ステップ4
    しっかり流す

    色水が出ないくらいしっかり流す。

  • 使用頻度
    パッケージを見て使用頻度を決める

カラートリートメントの注意点

  • 床や浴槽につくと汚れが取れない場合がある
  • タオルや衣服につくと取れなくなる場合がある
  • ネイルや爪、手が染まる場合があるので手袋を使用する
  • 流しはしっかり行う

また、一度では染まらないことが多く、使用するたびに白髪がなじんでいくものが多いです。

8. グレイヘアのそのほかの移行方法

そのほかの移行方法にも触れておきます。

8.1 ヘアカラーで徐々に移行する

ヘアカラーで移行するには3つの段階があり、

  • 白髪染めを明るくしていく
  • おしゃれ染めに変える
  • 徐々に薄くしていく

という流れで進めていきます。

徐々に変化を付けるため、周りの目や自分自身も変化を受け入れやすいメリットがあります。

8.2 ヘアマニキュアを使用する

ヘアマニキュアで白髪と毛先をなじませながら、グレイヘアに移行することもできます。

ポイントは色になります。

8.3 メッシュ(ハイライトカラー)を入れながら変えていく

メッシュ(ハイライトカラー)を使用すると白髪染め履歴と根元の白髪がなじみやすくなります。

定期的に入れながら、グレイヘアに移行することができます。

8.4 暗い毛先をブリーチ+カラーで明るくする

ブリーチを使用して一気にグレイヘアに移行することができます。

注意点はダメージと白髪染めによって明るくならない場合があるということです。

9. グレイヘアが整う前の移行期を楽にしてくれる方法

グレイヘアが整う前の移行期をさらに楽にしてくれる可能性のある方法を紹介します。

9.1 ヘアスプレーで境界線をぼかす

ヘアスプレーには、白髪をぼかす効果のあるものが存在します。

このヘアスプレーを白髪に吹き付けると、白髪の境界線がぼやけて、目立たなくなります。

このスプレーは広範囲をさっとなじませてくれて、べたべたしません。

9.2 白髪用ファンデーションや白髪隠し

白髪用ファンデーションや白髪隠しは、白髪をカバーするアイテムです。このアイテムを白髪に塗ると、白髪が目立たなくなります。

これらの方法は、白髪が整う前の移行期を楽にしてくれる簡単な方法です。ぜひ試してみてください。

10. 実際にグレイヘアにした人の感想

実際にグレイヘアにした方の意見をまとめておきます。

10.1 「移行期に避けたいこと」について

突然白髪染めを止めてしまうと、根元部分だけが白髪になり、それが気になるという人が多いようです。

したがって、注意点として挙げられるのは、「根元だけが白髪になる」状態を避けることです。

白髪の根元を周囲の髪色に自然に馴染ませることができれば、白髪への移行も自然に、そしてスムーズに行えるでしょう。

10.2 白髪という新たな自己をどのように受け入れることができたのでしょうか?

白髪は間違いなく「老い」の象徴であり、若さを保つこととは異なる視点を求められます。

確かに、それには一定の葛藤が伴います。

しかし、周囲の価値観に流されず、自身の価値観を堅持し、白髪の自己を受け入れることで、年齢に応じたファッションやメイクを楽しむという新たな視点にシフトすることが可能です。

10.3 「グレイヘアになって感じたこと」について

グレイヘアの利点として挙げられるのは、「頻繁に染めることからの解放感」、「染める手間や時間の節約」、「精神的なゆとりと物理的な軽快さ」です。これらは多くの人々から挙げられる意見です。

また、周囲からの称賛を受ける人も少なくありません。しかし、一方で家族からの反対や老けて見られるなどのネガティブな反応も存在します。

実際には、自身のグレイヘアに満足している人が多いようです。彼女らは、ファッション、メイク、ヘアケアに丁寧に時間をかけることで、スタイル作りが一層楽しめると感じています。

11. まとめ

この記事では、グレイヘアについてとその移行期間、さらにはグレイヘアになった人の話について詳しく解説しました。白髪染めとは異なり、グレイヘアは自然に白髪を生かすスタイルで、魅力的な個性を引き立てます。

  • グレイヘアにするにはカラートリートメントがオススメ
  • カラートリートメントは「少し明るめの色合い」と「赤味が少ない色」を選ぶこと
  • カラートリートメント以外の方法もあるので確認してみること
  • グレイヘアの移行期にカラースプレーと白髪用ファンデーションもオススメ

このようにグレイヘアに移行する際のおすすめのカラートリートメントとグレイヘアの移行方法について詳しく解説してきました。

ぜひ参考にしてみてください。

12. よくある質問とその答え

Q
グレイヘアにするためにどのくらいの期間が必要となりますか?
A

ヘアスタイルと移行方法によっても変わりますが、1年から2年程度要します。

Q
カラートリートメントの使用頻度はどの程度が理想的ですか?
A

製品によって異なり、パッケージの記載を参考にしてください。多くの場合週に2回程度です。

Q
ストレートやパーマ、ブリーチ毛などにカラートリートメントを使用していいですか?
A

カラートリートメントの特性上、傷んだ髪が染まりやすいため、毛先などダメージが蓄積している場所が濃く染まり、ムラになる可能性があります。

専門家に毛髪の状態を見てもらいアドバイスをもらうといいでしょう。

Q
グレイヘアに移行するときの心理的な困難をどのように克服できますか?
A
  • 強い意志を持つこと。
  • 美容師と相談しながら進めること(ヘアスタイルや色など)。
  • 実際にグレイヘアが素敵な女性をたくさん見ること。(本、Instagram、ネットなど)
  • ファッションやメイクを楽しむこと。

非常に葛藤もするでしょうし、周りの目も気になるでしょう。美容師や友達、ネット上の同じような考えの方とつながるのがいいのかもしれませんね。


関連リンク

その他グレイヘアの関連リンク

【グレイヘアへ移行の4つの方法】をカラーリストが解説!

グレイヘアの移行期をカラーでストレスなく移行する方法|おしゃれ染めなど段階的に使用

ヘアマニキュアでグレイヘアの移行期や移行のストレスを少なくする方法

グレイヘアの移行期を美しく過ごすためのブリーチカラー【カラーリストが解説】

メッシュ(ハイライト)を取り入れたグレイヘア移行期や移行の仕方

40代から始める!グレイヘアの美しい作り方|カラー美容師が解説

【白髪に悩む40代以上の女性へ】かっこいいグレイヘアの5つのポイントを解説!

【白髪の黄ばみの原因と対策】カラーリストが解説!グレイヘアをより美しく

グレイヘアは気持ち悪い?汚い?【カラーリストが本気で原因と対策を解説】

グレイヘアの『似合う人』と『似合わない人』をカラー専門美容師が本音で解説!

【老けるからグレイヘアをやめる】白髪を活かしきれいな髪色にする方法

グレイヘアに最適な白髪の割合と確かめ方|カラーリストが解説!

【グレイヘアに染める】美容師が教える!魅力的なグレーヘアを手に入れる秘訣

グレイヘア移行期にカラートリートメントがオススメ|カラー専門美容師が解説

グレイヘアにオススメのカラーシャンプー

ホーユー ソマルカ カラーシャンプー パープルの口コミや効果、使い方について解説

メンズのグレイヘアのかっこいい作り方

メンズのためのグレイヘアのやり方【40代から始める完全ガイド】

男性の白髪を活かしシルバーヘアにする方法|簡単な方法も解説!

白髪もおしゃれに!メンズのグレー白髪染め究極ガイド

スカルプDヘアカラーコンディショナーの口コミや効果、使い方について

その他グレイヘア関連

【カラーワックスでグレイヘア】白髪を魅力に変える秘訣

コメント

タイトルとURLをコピーしました