【自宅で黒染め】セルフカラーのやり方のコツと選び方|カラーリストが解説!

※当サイトはPRが含まれています

黒染めについて

・黒染めをセルフで挑戦したいけど、どの製品がいいのか迷っている…
・美容院に行く時間やお金が…自分で綺麗に染める方法は?
・一度黒染めしたら、次どうやって明るくできるの?

黒染めをする際、正しい製品の選び方や正確な染め方を知らないと、思い通りにならないことも…

この記事を書いている私は15年以上ヘアカラー専門で、多くのお客様の髪を美しく染めるお手伝いをしてきました。

この記事の内容
  • 黒染めする前に知っておくこと
  • 失敗しない黒染めの選び方
  • お勧めの「黒染め」と「暗染め」製品
  • 黒染めのやり方やコツ
  • 黒染め後の明るくする方法

この記事を読むメリット
  • 黒染めの失敗が減ります
  • 明るくする方法を知れます

私が15年以上のキャリアで培ったヘアカラーの知識を使いながら分かりやすく解説します。

黒染めを迷っている方は、ぜひ最後までお読みください。

※基本的には黒染めは美容院がお勧めです。もし、できない方は参考にしてくださいね。

このブログの運営・執筆者

佐藤 建次

2000年に北日本ヘアスタイリストカレッジを卒業後、盛岡市の美容院に就職。

美容院で豊富な実務経験を経て、ヘアカラーリストに。最新の白髪ケアについて発信しています。

主な経歴と保有資格
スポンサーリンク

黒染めの基礎知識

黒染めにはデメリットがあります。

このため、自分に合う方法を慎重に選ぶ必要があります。

軽い気持ちで染めると、後に後悔の原因となることが少なくありません。

たとえば、髪が永遠に黒いままになったり、ブリーチしても期待した色に近づかないケースが存在します。

次回の髪色を考慮し、失敗しない黒染め方法について学びましょう。

この記事を通じて、そのための知識をお伝えします。

黒染めとは

黒染めの定義

黒染めは、文字通り髪を黒くすることです。

しかし、「黒」といっても、実際には黒に近い様々な「色味」や「明るさ」があります。

まずはその違いを知ることが重要です。

黒染めの種類

髪を黒くするにはヘアカラーを使用して染めます。

髪を黒くするヘアカラーの色味はいくつか存在します。

  1. ナチュラル系1~4レベル
  2. ナチュラル系5~6レベル
  3. グレー系3~5レベル
  4. ブルーブラック系

「1」~「4」まで黒髪に染めます。

しかし、明るさや色味、特徴が違うので以下のように2つに分けて解説しますね。

・「黒染め」黒く染める「1」

・「暗染め」自然な黒髪風「2」~「4」

黒染めと暗染めの違い

「黒染め」と「暗染め」、似ているようで意味が異なります。
この違いを知ることで、髪の染め方にも幅が出ますし、より自分に合った色を選べるようになります。

  • 黒染め
    完全に黒を目指す染め方。一般的に色の持続性が高いです。
  • 暗染め
    黒髪のように暗く、しかし完全には黒くない色を目指す染め方。

黒染めのメリット・デメリット

黒染めのメリット

  • 事前の髪が明るくても黒髪になる
  • 色が抜けにくい
  • 色持ちがいい

黒染めのデメリット

  • 明るくするときはブリーチが必要になりやすい
  • 自然に褪色しにくい

おすすめな人

  • 長期間黒髪を維持したい人
  • ハイブリーチで色がすぐに抜けてしまう人
  • ヘアカラーを辞める人

暗染めのメリット・デメリット

暗染めのメリット

  • 自然な仕上がりになる
  • 退色するので色を比較的変えやすい
  • 退色するので明るさも変えやすい

暗染めのデメリット

  • 思ったより明るい仕上がりになる場合がある
  • 褪色が早い

おすすめな人

  • 1週間~2週間程度暗くしたい人(完全に戻らない)
  • 自然な黒にしたい人
  • 時間たったら明るく、色を変えたい人

セルフカラーの失敗しない選び方

できれば美容院で染めるのがおすすめですが、できない人もいるでしょう。

失敗をしないように、セルフカラー剤の選ぶポイントを解説します。

1:今の自分の髪色の見極め(ブリーチの有無)

まず、髪の毛のブリーチ履歴を確認しましょう。

過去にブリーチをされている髪がある場合、仕上がりが予想外になる可能性があるためです。

下の図はブリーチ毛とヘアカラー毛は同じカラー剤でも仕上がりが変わる例です。

このような結果になりかねないため、ブリーチ履歴がどこから残っているのかを確認しましょう。

その履歴が髪全体の色に影響が出ると感じるなら、

「黒染め」か「ナチュラル系の暗染め」がお勧めです。

2:失敗しにくい色味を選ぶ

色選びも重要です。

一般的にナチュラル系やグレー系は色味のブレが少ないです。

逆にブラックは次回のカラーの支障が出やすく、ブルーブラックは髪質によって青味が気になるかもしれません。

失敗しにくい色味は

ナチュラル系、グレー系になります。

3:希望に合った明るさを選ぶ

髪色の明るさも選択のポイントです。

例えば「ナチュラルブラック」と「スーパーブラック」など黒さが違います。

既定の明るさや求められる髪色によって選びましょう。

一般的には

ナチュラルのほうが褪色しやすく、色が変えやすい。

出典:ホーユー

スーパーブラックは長期間黒髪を維持でき、色は変えにくい

出典:ホーユー

画像の商品は一例ですが、このような共通の特徴が商品であるはずです。

4:維持したい期間によって変える

維持したい期間はどのくらいですか?

黒髪を維持したい期間で明るさや色味を変えましょう

1週間~2週間程度なら

暗染めがお勧め

3週間以上~数か月

黒染め

もしくは

暗染めを定期的に行う

5:のちに明るくしたいかどうか考える

髪を暗くした後の髪色の計画も重要です。

すぐにハイトーンにしたい場合

暗染めのグレーがお勧め

徐々に明るくしたい(ブリーチ無し)場合

暗染めがお勧め

もう明るくしない場合

黒染めがお勧め

6:迷う場合

どうしたらいいか迷いますよね?

明るくしたいし、長持ちさせたいなど…

失敗が怖いなら

ナチュラル系の暗染めをやる

それから

褪色したなら定期的に染める

これが無難かもしれませんね。

男性用と女性用の黒染めのカラー剤の違い

カラー剤の成分はほぼ変わりません

違いは以下の通りです。

  • 男性用のほうが容量が少ない
  • 女性用はアフタートリートメントが付きがある

男性でも女性用使って問題ないです。

サロン用のカラー剤は違いがなく、作り分ける必要がないためです。

量が少ないと感じる男性は女性用でもいいかもしれませんね。

失敗しない黒染めのセルフカラーのやり方

セルフで黒染めする際、失敗のポイントは

  • 黒くなりすぎる
  • 毛先だけ黒くなってしまう
  • ムラになる

これを避けるには

速く、均一に塗り、毛先などダメージ部分に色が入る過ぎるのを防ぐ必要があります。

その失敗を防ぐやり方が以下の通りです。

  • 髪を均一に濡らし、トリートメントを毛先に付ける
  • 薬液を塗りやすいように髪をブロッキングする。
    • ブロッキングとは髪をクリップ等で4つに分けること
  • 説明書に沿ってカラー剤を調合します
  • 手袋を着用し、ブロッキングした髪の根元から毛先に沿ってカラーを塗布します
  • 指定された時間を置きます
  • シャンプーとトリートメントをします

ブロッキングを取ることで、薬液を均一に塗ることができます。必ずブロッキングをしましょう。

そのほか注意点もあるのでこちらもご覧になってください。

セルフカラーのコツ

セルフカラーのコツ①

髪を濡らし、毛先にトリートメントを塗布してから黒染めをすることをお勧めします。

ダメージ部分や毛先部分に色が入りすぎるからです。

ウェット塗布するメリットは

  • 塗布がしやすく早く塗れる
  • ダメージを軽減できる
  • 毛先だけ色の入りすぎを抑えることができる

ウェット塗布するデメリットは

  • 若干色の入りは悪く可能性がある

若干明るいくらいが自然では?と思います。

セルフカラーのコツ②

適性の使用量を心がける

特に女性は髪の長さが人それぞれです。

塗布量が少ないとムラの原因になるため、髪の長さや毛量に合わせて製品をいくつか準備しましょう。

  • ショート1つ
  • ミディアム2つ
  • ロング2つから3つ

足りないよりは多いほうがいいかもしれませんね。

セルフカラーの注意点・リスク

  • ムラになる
  • 真っ黒になりすぎる
  • 髪が痛む

というところでしょうか。

リスクは大きいので、できれば美容院をお勧めしますが、セルフカラーをする際は

  • 暗染めの製品を選ぶ
  • 髪を濡らして、ブロッキングをとって早く塗る
  • 適性の使用量を塗布する

お勧めの黒染め

女性向けの黒染め

女性にお勧めの黒染めカラーはこちらです。

●リーゼ 泡カラー 髪色戻し ナチュラルブラック

・リーゼ 泡カラー 髪色もどし ナチュラルブラック


明るい髪用で自然な仕上がりです
出典:花王

特徴

  1. 黒髪に近い自然な色合い
  2. 濃密泡の密着力でムラのない仕上がりを実現
  3. グレーやブルーをブレンドしたサロン品質の色設計
  4. アフターカラー用リペアトリートメントが同梱


・カラーバリエーション:ナチュラルブラウン・ナチュラルブラック

・内容量:1剤40㎖、2剤60㎖、トリートメント8g

・使用量:髪質や毛量で変わりますが、ショートで1つ。ミディアムで2つ。ロングは3つあると安心です

●ビューティーン トーンダウンカラー ナチュラルブラック

・ビューティーン トーンダウンカラー ナチュラルブラック


次のカラーリングに備えたい人向け
出典:ホーユー

特徴

  • 黒髪に近い自然な色合い
  • 色持ち成分Wアミノ酸(テアニン、タウリン)配合・ボタニカルオイル配合
  • 泡立つ乳液でムラなく塗布できる
  • 次のカラーで明るくできる独自処方


・カラーバリエーション:

ナチュラルブラウン・ナチュラルブラック・スーパーブラック

・内容量:1剤32g、2剤96㎖、美容液5g

・使用量:髪質や毛量で変わりますが、ショートで1つ。ミディアムで2つ。ロングは3つあると安心です

男性向け

男性向けの黒染めお勧めはこちらになります。

●ギャッツビー ターンカラー ナチュラルブラック

・ギャッツビー ターンカラー ナチュラルブラック


次のカラーリングに備えたい人向け
created by Rinker
MANDOM(マンダム)
¥931 (2024/06/18 14:15:29時点 Amazon調べ-詳細)
出典:マンダム

特徴

  • しっかり黒髪に戻し、持続効果も高い
  • ダメージ補修&手触りなめらかなスムースタッチ効果
  • 液だれしにくいクリームタイプ
  • 放置時間で髪色コントロール!


・カラーバリエーション:ナチュラルブラック・スモーキーブラック

・内容量:1剤35g、2剤70㎖、

・使用量:男性のミディアムで1つ(耳が隠れるくらい)髪の量が多い場合は2つ準備しましょう

お勧めの暗染め

女性向け

●リーゼ 泡カラー 髪色戻し ナチュラルブラウン

・リーゼ 泡カラー 髪色もどし ナチュラルブラウン


真っ黒じゃない自然な髪色にしたい方におすすめ
出典:花王

特徴

  1. 髪色を自然なナチュラルブラウンに戻します。
  2. 濃密泡の密着力でムラのない仕上がりを実現
  3. グレーやブルーをブレンドしたサロン品質の色設計
  4. アフターカラー用リペアトリートメントが同梱


・カラーバリエーション:ナチュラルブラウン・ナチュラルブラック

・内容量:1剤40㎖、2剤60㎖、トリートメント8g

・使用量:髪質や毛量で変わりますが、ショートで1つ。ミディアムで2つ。ロングは3つあると安心です

●パルティ カラーリングミルク ひたむきブルージュ

・パルティ カラーリングミルク ひたむきブルージュ


自然な黒髪風ブルー系おしゃれカラー
出典:ダリヤ

特徴

  • 暗めのブルーバイオレット系の色味
  • 内容量が1.5倍でしっかり塗布してムラを防ぐ
  • 手で簡単にムラなく塗布できるこっくり乳液処方
  • 暗めでしっかりトーンダウン。暗めでも透明感あり


特筆するべき内容:市販のカラー剤では数少ないブルーバイオレット系の色味。

・内容量:1剤60g、2剤120㎖、ヘアトリートメントセラム5g

・使用量:髪質や毛量で変わりますが、ショートで1つ。ミディアム~ロングで2つあると安心です。

●リーゼ 泡カラー ダークネイビー

・リーゼ 泡カラー ダークネイビー


黒染めの代わりになると評判のネイビーカラー
created by Rinker
リーゼ
¥900 (2024/06/18 13:14:08時点 Amazon調べ-詳細)
出典:花王

特徴

  • グレーやブルーの色味をブレンドしたサロン発想の色設計
  • 濃密泡処方でムラなく美しい仕上がりを実現
  • アフターカラー用リペアトリートメントつき
  • 「ブルーブラック」のような色味で、とても落ち着いた仕上がり


特筆するべき内容:「リーゼ 泡カラー ダークネイビー」はとあるコスメサイトでセルフヘアカラーランキング第1位になっています。

・内容量:1剤34g、2剤66㎖、ヘアトリート8g

・使用量:使用量:髪質や毛量で変わりますが、ショートで1つ。ミディアムで2つ。ロングは3つあると安心です。

男性向け

●ギャッツビー ターンカラー スモーキーブラック

・ギャッツビー ターンカラー スモーキーブラック


しっかり暗め!アッシュ系の黒髪
created by Rinker
GATSBY(ギャツビー)
¥516 (2024/06/18 14:32:40時点 Amazon調べ-詳細)
出典:マンダム

特徴

  • ムラなくキレイなアッシュ系の黒髪に戻します
  • ダメージ補修&手触りなめらかなスムースタッチ効果
  • 液だれしにくいクリームタイプ
  • 放置時間で髪色コントロール!


・カラーバリエーション:ナチュラルブラック・スモーキーブラック

・内容量:1剤35g、2剤70㎖、

・使用量:男性のミディアムで1つ(耳が隠れるくらい)髪の量が多い場合は2つ準備しましょう

黒染め後の明るくする方法

黒染め後の明るくする方法について、あなたが気になる点を詳しく解説します。

基本的には美容院での施術をお勧めします。

黒染めをする以上に明るくする方が難易度が高いため。

期間を空けて様子を見る

黒染めや暗染めは時間と共に色が抜けるため、少し時間をおいて様子を見ましょう。

染めた直後は髪の色だけで、「ブリーチの強さ」や」「ヘアカラーで明るくなるか」判断がつきにくいです。

染めてからの期間と実際の髪色を見比べてヘアカラーやブリーチを選択でき、失敗が少なくなります。

できれば1か月くらいは期間を空けて様子を見ましょう。

ヘアカラーで少しづづ明るくしていく

ヘアカラーで明るくする方法を解説します。

黒染めや暗染め後に髪を明るくするには一定の条件が必要です。

条件1

②のように褪色して明るくなること

退色しない場合はかなり濃い染料が入っているためヘアカラーでは明るくなりません。

条件2

ハイブリーチをしていないこと

条件3

何回かに分けて明るくしていくこと。

カラーと褪色の繰り返しで明るくしていきます。

注意点は根元のカラーを暗めに設定するということです。

数か月繰り返すと明るくなっていくでしょう。

ブリーチで明るくする

もし、黒染めや暗染め後1か月たっても全く明るくならない場合はブリーチが必要です。

ブリーチの方法は2つ考えられます。

  • 全頭ブリーチ
  • ハイライトでブリーチ

全頭ブリーチのメリット

  • 必ず明るく出来る
  • 多少ムラがあってもブリーチで無理やり明るく出来る
  • 色味をある程度表現できる

※ミルクティー系やハイトーン系は2度のブリーチが必要

全頭ブリーチのデメリット

  • 明るくなりすぎる場合がある
  • ダメージが大きい
  • 褪色すると金髪になる

ハイライトでブリーチのメリット

  • 明るくなりすぎない
  • ダメージが少ない
  • 明るく出来る

ハイライトでブリーチのデメリット

  • 黒染めの部分が残る

ブリーチをすると明るく出来ますが、リスクも存在します。

ご自身の髪質や希望に合わせて美容師に相談しましょう。

一時的に髪を黒くする方法

もし、一時的に髪を黒くするなら他の方法も選択できます。

特に次回の髪色に影響を与えたくない人はこちらを選びましょう。

黒染めスプレー

一時的な黒髪には、黒染めスプレーがお勧めです。

ビューティーン 黒染めスプレー

ビューティーン 黒染めスプレー


created by Rinker
ビューティーン
¥482 (2024/06/18 09:53:27時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

1日だけ黒髪に変身!髪を傷めずに対応可能なアイテム

「ビューティーン」のトーンダウンカラーシリーズ。

面接や急な用事で、一時的に明るい髪を黒くしたい時に最適です。

髪に一時的に黒の色素を付着させるだけなので、髪のダメージを気にする必要がありません。また、シャンプーするだけで簡単に洗い流せるのが特長です。


・カラーバリエーション:ナチュラルブラック

・内容量:80g

●マンダム GATSBY ターンカラースプレー

・マンダム GATSBY ターンカラースプレー


created by Rinker
GATSBY(ギャツビー)
¥441 (2024/06/18 10:08:29時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

1日限定の黒髪再現!簡単&速乾スプレー

その日のためだけ、自然な黒髪に変身。色移りの心配が少なく、速乾性と耐湿性を兼ね備えています。さらに、防腐剤フリーの安心処方。


・カラーバリエーション:ナチュラルブラック

・内容量:60g

黒のカラーワックス

黒のカラーワックスも、一時的に髪色を変えるのに便利なアイテムの一つです。

特にショートヘアやショートボブにはカラーワックスがおすすめです。

・①エマジニー カラーワックス フォーマルブラック


特徴

冷たさと柔らかさ、二面性を持つ黒の魅力。

髪のトーンをちょっと落としたい日や、アクセントとしての黒を求めるとき。面接や冠婚葬祭など、さまざまな場面での活躍が期待できる、必携の一本です。

黒髪に変身可能。本当に助かる。洗うだけで元の色に。
バイト先で黒髪が必要だったけれど、これを使って自然に対応できました!

エマジニー カラーワックス フォーマルブラック

カラーバリエーション:16色

内容量:36g

キャンペーン:2個買うと1つ無料でついてきます。しかも16色から選び放題です。

Q&A

Q1
就活で黒染めをセルフでするのはどうですか?
A1

セルフで黒染めは、ダメージや色ムラ、不自然な真っ黒な髪などのリスクがあるため、あまりお勧めできません。

また、黒染めを避けたい場合は、黒染めせずに黒に近い髪色を選ぶことができます。

美容院ではそのような状況によってカラー剤を使い分けるのでリスクが少ないでしょう。

Q2
就活で黒染めしたくないのですがどうしたらいいですか?
A2

就活中に黒染めを避ける方法として2つ考えることがあります。

①業界の髪色の許容範囲を確かめる:

業界ごとによって髪色の許容範囲が異なるため、就活前に業界の特徴や企業の規定を調べてみましょう。

②黒染めせずに黒に近い髪色を選ぶ

黒染めではなく黒に近い色、つまり暗染めを選びましょう。

明るい髪色の場合は調整が難しいため、美容院で染めることをお勧めします。

また、色が抜けやすいので、定期的に色を入れる必要があります。

Q3
セルフ黒染めは危険ですか?
A3

セルフ黒染めの懸念材料は、

  • 髪が真っ黒になりすぎる
  • 髪と頭皮のダメージと色ムラ
  • 黒染めの抜けにくさ
  • 髪色を変えにくい問題

このような懸念材料があるため、黒染めは非常にリスクがあります。美容院で黒染めを避けるのはこのためです。

できれば、美容院での施術をお勧めします。

もし、セルフで行う際は、髪質や黒髪を維持したい期間、製品をしっかり見極めて、使用方法や容量をしっかりと守りましょう。

Q4
セルフ黒染めの色持ちはどれくらいですか?
A4

製品や髪質、使用方法によって異なりますが、一般的にセルフでの黒染めは数日~半年程度といわれています。

極端に違うと思うかもしれませんが、そのくらい製品や髪質によって変わります。

そのため、黒髪の維持したい期間や髪質に合わせた製品を選ぶことが重要です。

まとめ

就活前や研修、職場の規定など髪を黒くする際に、自分で染めるか迷っているときに読む記事として解説してきました。

内容は

  • 黒染めの基礎知識
  • 黒染めと暗染めの説明
  • お勧めのセルフカラー剤
  • 黒染めのセルフカラーのやり方
  • 黒染め後に明るくする方法

これらを説明してきました。

黒染めや暗染めから自分にとって最適な方法を選び、注意しながら髪を染めてみてください。

ぼくは美容師なので、美容院での黒染めをお勧めします。

もし美容院でやってみようと思った方はこちらの記事も参考にしてくださいね。

黒染め完全ガイド!美容院での頼み方から他の方法まで|カラー美容師が解説

【黒染めしないで黒くする方法】をカラー美容師が伝授

黒染めや暗染めの関連リンク

黒染め完全ガイド!美容院での頼み方から他の方法まで|カラー美容師が解説

【黒染めしないで黒くする方法】をカラー美容師が伝授

【黒染めやめたほうがいい】といわれる理由や対策をカラー美容師が解説!

一週間だけ染めるヘアカラー|茶髪や金髪、黒髪までおすすめ方法と注意点を解説

【カラーリストが解説】黒染め色落ちしない方法

【カラーリストが解説】カラーバターで黒染め|他の方法も解説

【自宅で黒染め】セルフカラーのやり方のコツと選び方|カラーリストが解説!

カラーワックスについて

エマジニー カラーワックス 口コミや効果、使い方について|カラー専門美容師が解説!

コメント

タイトルとURLをコピーしました