【カラーリストが解説】黒染めしないで黒くする方法

※当サイトはPRが含まれています

黒染めについて

・黒くしないといけないけど黒染めは嫌だな・・・
・数日間だけ何とかならないかな
・よく黒染めはしないほうがいいと聞くけど実際はどうなの?

黒く染めるルールや社会的な要請に迫られる中、髪への影響を気にして黒染めに抵抗感を持つ方々は少なくありません。

この記事を読むメリット

黒染めの正しい知識を理解し、髪を黒くする最適を見つけることができます。

髪を黒くする方法を探している方必見の内容です。是非最後までお読みください。

私の15年以上の経験をもとに、アナタの髪の悩みを解決するための情報をお伝えします。

このブログの運営・執筆者

佐藤 建次

2000年に北日本ヘアスタイリストカレッジを卒業後、盛岡市の美容院に就職。

美容院で豊富な実務経験を経て、ヘアカラーリストに。最新の白髪ケアについて発信しています。

主な経歴と保有資格
スポンサーリンク

黒染めとは

黒染めとは、髪の脱色されたメラニン色素を補い、地毛の黒さに戻すカラーです。

髪を黒くすることは簡単です。しかし、無視できないデメリットも存在します。

まずは黒染めの原理を知ると、デメリットや暗染めについて理解できます。

地毛の黒髪はメラニン色素で構成されている

地毛の色は「メラニン色素」で構成されています。

そのメラニン色素は単色ではなく、様々な色が存在します。

大きくは「赤」「青」「黄色」の3色です。

この3色が深く混ざりあい、黒髪を形成しています。

ヘアカラーでメラニンが脱色されます

ヘアカラーをすると、このメラニン色素が分解され、明るくなります。

多くの場合は茶色になるでしょう。

それはメラニン色素の「青」が初めに分解されるからです。

「青」が分解されると、残りは「赤」と「黄」になります。

つまりオレンジ=茶色になるのです。

ブリーチをすると「青」→「赤」の順で分解されます。

つまり金髪になるのです。

黒染めとは「赤」と「青」、「黄」を髪にぎゅうぎゅうに入れること

髪の断面図のイメージ

黒に戻すためには「メラニン色素」の代わりとして、ヘアカラーの色素を入れなくてないけません。

「赤」や「青」、「黄」を混ぜて「黒」を作り、それを髪にぎゅうぎゅうになるまで詰め込みます

そうすることで、髪は黒くなるのです。

ヘアカラーの色素はヘアカラーで分解できない

ヘアカラーの黒は、メラニン色素とは違ってヘアカラーでは明るくできません。

また、髪の内部まで浸透し、色素の量も多いため自然褪色も遅くなります。

通常のヘアカラーは1~2か月で褪色するのに対して、黒染めは4か月以上黒いままもありえます。

美容師が黒染めを嫌がる理由

私たち美容師は黒染めを避ける傾向があります。

それは以下の理由からです。

【黒染めを避ける理由①】明るくならなくなる

先ほども説明しましたが、一度黒染めをすると、ヘアカラーで明るくなりにいです。

それは、ヘアカラーの色素が髪の中にぎゅうぎゅうに詰まっているから。

ヘアカラーの色素はヘアカラーでは分解できません。そのため、まったく明るくならない場合もあります。

【黒染めを避ける理由②】ムラになりやすい

黒染め履歴と新しく伸びてきた髪の境が、見た目では分からないからです。

カウンセリングでしっかりと聞いていないと、カラーを塗ってから気づくということも。

そのくらい、見分けが難しいのです。

【黒染めを避ける理由③】ブリーチをしてもきれいに抜けない

ブリーチするといいと感じます。

しかし、ブリーチをしてもきれいに抜けないことが多いです。

そのため時間をかけても希望の色味にできないことも多いのです。

【黒染めを避ける理由④】失敗したくない

カラーやブリーチが予想できないので、失敗しやすいのです。

黒染めしていると分かっていても、やっぱりお客様の希望をかなえたいもの。

それができなくなるのが嫌なのです。

こうして、美容師は黒染めを避けるようになるのです。

黒染めではなく暗染めをおすすめ

美容師としては、黒染めではなく暗染めをお勧めします。

もちろん、髪の色やシーンによっては黒染めが必要かもしれません。

しかし、自分の髪色を確認し、できるなら暗染めを選択しましょう。

暗染めとは

出典:リーゼ泡カラー

ブラウン系やグレー系(アッシュ)で、暗く染める方法です。

主にブリーチをしていない髪色に有効です。

暗染めのメリット
  • 自然な明るさ
  • 透明感が残る
  • 次回のヘアカラーの妨げになりにくい
暗染めのデメリット
  • 明るい髪は黒くならない場合がある。
  • 明るい髪は色で青くなるなど自然に見えない場合も。
  • 褪色しやすい(色が抜けやすい)。

【黒染めと暗染めの違い】を3つ解説

違いは

  1. 色の濃さ
  2. 色味
  3. 色持ち

簡単に説明しますね。

①黒染めと暗染めの違い【色の濃さ】

カラー色の濃さ
黒染めブリーチ毛でも真っ黒にできるほど、色が濃い
暗染め透明感や自然な明るさが残る

②黒染めと暗染めの違い【色味】

カラー色味
黒染め超濃い褐色のみ
暗染め・ブラウン
・グレー(アッシュ)
・ブルーブラック

暗染めは、希望に合わせて色味を選ぶことができます。

③黒染めと暗染めの違い【色持ち】

カラー色持ち
黒染め色持ちが良いので、黒髪を維持できる
暗染め褪色が早いため、カラーチェンジしやすい

黒髪期間が長く、明るくする予定がないなら「黒染め」

期間が数日から1週間程度なら「暗染め」を選びましょう。

黒染めしないで黒くする方法

黒染めしないで黒くするには、「暗染め」と「黒く見せる」の2つ考えられます。

順に解説しますね。

【美容院】暗染めする方法

ここで紹介するポイントは以下の通りです。

【美容院での頼み方】暗染めを頼むポイント

美容院で頼む際は、はじめにこれを伝えてください。

『黒染めをしたくない』

その後に、以下のポイントを必ず伝えましょう。

  • 暗くする理由や動機
  • 明るさと色味
  • いつ特定のイベントがあるのか
  • どのくらい黒髪を維持したいか

それに合わせて、色味を考えてくれるでしょう。

美容院で行うメリット・デメリット

美容院で行う際の参考にしてください。

美容院で行うメリット
  • 失敗が少ない
  • 相談できる
  • 履歴が残るので、次回のカラーも安心
美容院で行うデメリット
  • 美容院代がかかる
  • 時間がかかる

美容院で染める際の料金

暗染めは通常のヘアカラー料金と同じです。

ヘアカラーのみの平均価格は5000~8000円程度になります。

地域によっても価格が異なり、都市部は価格が高くなる傾向があります。

価格がすべてではありませんが、価格が低すぎるのもどうかと思います。適正な価格の美容院をおすすめしますね。

【セルフカラー】暗染めする方法

ここで解説するポイントはこちらです。

暗染めのカラー剤の選ぶ【3つのポイント】

暗染めのカラー剤を選ぶコツは3つです。

  • 自分の髪に合わせる
  • カラー剤の形状
  • カラー剤の容量

①【自分の髪に合わせる】

自分の髪に合わせることが重要です。

  • 髪の明るさを把握
  • どのくらいの期間か?
  • 今後明るくするのか?

具体的には以下の図を参考にしてくださいね。

暗染めのカラー剤の選び方

おすすめのブラウン系カラー剤

おすすめはこちら。

  • リーゼ 泡カラー ダークショコラ
  • ビューティーン トーンダウンカラー ナチュラルブラウン

リーゼ 泡カラー ダークショコラ

リーゼ 泡カラー ダークショコラ


自然な暗めの色にしたい人にお勧め
created by Rinker
リーゼ
¥495 (2024/06/17 16:28:04時点 Amazon調べ-詳細)
リーゼ泡カラーダークショコラ
出典:花王

特徴

  1. かなり落ち着いた髪色に戻します。
  2. 濃密泡の密着力でムラのない仕上がりを実現
  3. グレーやブルーをブレンドしたサロン品質の色設計
  4. アフターカラー用リペアトリートメントが同梱


・カラーバリエーション:ナチュラルブラウン系は5色。その中で一番暗い色。

・内容量:1剤40㎖、2剤60㎖、トリートメント8g

・使用量:ショートで1つ。ミディアムで2つ。ロングは3つあると安心です

ビューティーン トーンダウンカラー ナチュラルブラウン

ビューティーン トーンダウンカラー ナチュラルブラウン


黒染めではない暗染めブラウン

特徴

  • 黒髪に近い自然な色合い
  • 色持ち成分Wアミノ酸(テアニン、タウリン)配合・ボタニカルオイル配合
  • 泡立つ乳液でムラなく塗布できる
  • 次のカラーで明るくできる独自処方


・カラーバリエーション:

ナチュラルブラウン・ナチュラルブラック・スーパーブラック

・内容量:1剤32g、2剤96㎖、美容液5g

・使用量:ショートで1つ。ミディアムで2つ。ロングは3つあると安心です

グレー(アッシュ)系のおすすめ

おすすめはこちら。

  • パルティ カラーリングミルク ひたむきブルージュ
  • リーゼ 泡カラー ダークネイビー

パルティ カラーリングミルク ひたむきブルージュ

パルティ カラーリングミルク ひたむきブルージュ


自然な黒髪風ブルー系おしゃれカラー
出典:ダリヤ

特徴

  • 暗めのブルーバイオレット系の色味
  • 内容量が1.5倍でしっかり塗布してムラを防ぐ
  • 手で簡単にムラなく塗布できるこっくり乳液処方
  • 暗めでしっかりトーンダウン。暗めでも透明感あり


特筆するべき内容:市販のカラー剤では数少ないブルーバイオレット系の色味。

・内容量:1剤60g、2剤120㎖、ヘアトリートメントセラム5g

・使用量:髪質や毛量で変わりますが、ショートで1つ。ミディアム~ロングで2つあると安心です。

リーゼ 泡カラー ダークネイビー

リーゼ 泡カラー ダークネイビー


黒染めの代わりになると評判のネイビーカラー
created by Rinker
リーゼ
¥900 (2024/06/18 13:14:08時点 Amazon調べ-詳細)
出典:花王

特徴

  • グレーやブルーの色味をブレンドしたサロン発想の色設計
  • 濃密泡処方でムラなく美しい仕上がりを実現
  • アフターカラー用リペアトリートメントつき
  • 「ブルーブラック」のような色味で、とても落ち着いた仕上がり


特筆するべき内容:「リーゼ 泡カラー ダークネイビー」はとあるコスメサイトでセルフヘアカラーランキング第1位になっています。

・内容量:1剤34g、2剤66㎖、ヘアトリート8g

・使用量:使用量:髪質や毛量で変わりますが、ショートで1つ。ミディアムで2つ。ロングは3つあると安心です。

おすすめの商品や選び方については、こちらの記事でたくさん紹介しています。

【カラーリスト解説】黒染めはしたくないけど暗くしたい 市販カラー10選

セルフカラーのコツ

適切な塗布量

カラー剤は塗布量によって染まり方が変わります。

塗布量が少なすぎるとムラの原因や染まりが弱い場合があるので、しっかり塗布しましょう。

特に髪の中間部分は染まりにくい傾向があるのでしっかり塗りましょう。

美容師から見てセルフカラー剤は容量が少ないと感じるので、少し多めで準備するといいかもしれませんね。

塗布のポイント

髪をクリップで止めながら塗ることをオススメします。

ぼくら美容師でもクリップで髪を小分けして塗ります。

そうしないと髪の内側に薬液がつきません。

サイド3つ、バック4つくらいに分けて塗りましょう。

できれば人に塗ってもらおう

それでも、後ろや内側は塗り似にくいはずです。

誰かに塗ってもらったほうがいいかもしれません。

自分でやるのと、人にやるのでは難易度が全然違います。

色落ちを防ぐ方法

カラー剤の色落ちを防ぐには以下のポイントを気を付けましょう。

  • カラー用のシャンプーを選ぶ
  • シャンプーの回数
  • アイロンやドライヤーの熱(150度以下)
  • 紫外線から守る

【黒く見せる方法】髪が長いなら黒染めスプレー

髪が長い場合は黒染めスプレーが使いやすいでしょう。

お勧めはこちら。

黒染めスプレーのメリット・デメリットはこちら

お勧めの黒染めスプレー

ホーユー Beauteen ビューティーン 黒染めスプレー

ビューティーン 黒染めスプレー


created by Rinker
ビューティーン
¥482 (2024/06/18 09:53:27時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

1日だけ黒髪に変身!髪を傷めずに対応可能なアイテム

面接や急な用事で、一時的に明るい髪を黒くしたい時に最適。

髪に黒の色素を付着させるだけなので、ダメージがなく、シャンプーで簡単に洗い流せます。

・カラーバリエーション:ナチュラルブラックのみ

・内容量:80g

マンダム GATSBY ターンカラースプレー

ターンカラースプレー


created by Rinker
GATSBY(ギャツビー)
¥441 (2024/06/18 10:08:29時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

1日限定の黒髪再現!簡単&速乾スプレー

その日のためだけ、自然な黒髪に変身。

色移りの心配が少なく、速乾性と耐湿性を特徴。さらに、防腐剤フリー。

・カラーバリエーション:ナチュラルブラックのみ

・内容量:60g

黒染めスプレーのメリット・デメリット

黒染めスプレーのメリット
  • 数日だけ黒髪にしたい場合に便利
  • 簡単に色がつく
  • シャンプーですぐに落とせる
  • ダメージがない
黒染めスプレーのデメリット
  • 使用前に準備が必要
  • 色ムラになりやすい
  • 不自然に見えることも
  • 周りや服を汚す可能性があり

とはいえ、バレやすいとも言われています。

そんな時はこちらを参考にしてください。

黒染めスプレーの使い方

  1. 衣類を汚さないようにケープ等を使用してください
  2. 使用前に、20回程度上下に強く振ってください
  3. 髪から15センチくらい離してスプレーします

黒染めスプレーの注意点

  1. 地肌に触れないようにすることが大切です
  2. 周りや服を汚しやすいので注意が必要
  3. 先にブローやスタイリングを済ませてから使用
  4. 襟足や後ろはしっかりチェックをしましょう。(ショートやボブなど襟足が難しい)

黒染めスプレーを自然に見せるコツ

  • 髪をしっかり乾かす
  • スタイリングをしておく
  • スプレーをする前に髪をコームで整える
  • スプレーは一気にしないで、少しづつする
  • スプレーした後はしっかり乾かす
  • スプレーした後はあまり触らない

ぜひ参考にしてくださいね。

【黒く見せる方法】黒のカラーワックスもおすすめ

個人的に黒のカラーワックスがお勧めです。

お勧めのワックスとその使い方について順に解説しますね。

お勧めの黒のワックス

エマジニー EMAJINYカラーワックス フォーマルブラック

カラーワックス フォーマルブラック


髪と頭皮にやさしい。化粧品の顔料を使用。高発色でとてもキレイ!!

特徴

少し髪のトーンを落としたい気分、アクセントに黒を使いたい時。

面接や冠婚葬祭にも対応OK!

持っていて間違いないユースフルな一本。

特筆する点

  • 一番に使いやすい
  • 「香料・シリコーン・酸化防止剤・紫外線吸収剤」不使用
  • シャンプーでサッと洗い流せる
  • ガラスケース入りで高級感がある
  • ブレンドして自分カラーを創れる
  • 日本製

なかなか良い

ブラックは他のカラーに比べ柔らかさを感じます。ダンス競技会の時などはとても重宝ですが、やっはり汗での色落が気になりますのでスプレーで固める様にしています。 他のカラーでも言えるのですが毎日使う場合の為に、コストと量の事も今後検討してもらえると助かります。
容器の瓶にもらこだわりがある様ですが、その変も今後改善してもらえたら良いのかな(リサイクルを含め)?と思います。今は空ビンはキレイ洗い、様々な小物入れに使うか?と思案中です。今後も様々なカラーで楽しみます。

最高です!

バイトで黒髪にしなくてはいけないのですが、これのおかげで自然に過ごせています!
おまけもついてきて最高です!

内容量:36g

価格:3300円

公式サイト:https://www.emajiny.jp/

キャンペーン情報:今なら2個買うと1つ無料でついてきます。しかも16色から選び放題です。

黒だけじゃないいろいろな色を選べる

黒のワックスのメリット・デメリット

黒のワックスのメリット
  • 数日だけ黒髪にしたい場合に便利
  • 簡単に色がつく
  • シャンプーですぐに落とせる
  • ダメージがない
黒のワックスのデメリット
  • 周りや服を汚す可能性があり

カラーワックスの使い方

使い方は簡単です。

  • さくらんぼ大の量を手で広げる(こすらないこと)
  • 髪表面にポンポンとタッピングするように塗布(根元には塗布しない)
  • 揉み込んで整える
  • すぐにクシで梳かす(濃淡を均一になる)
  • 色が薄い場合は1~4を繰り返す
  • 整髪料の使用は最後にすること

カラーワックスの注意点

  • 襟足など服との接触部分を気を付ける
  • 水や汗、雨などにより色落ちすることがある
  • 衣服や壁につくと落ちない場合があるので、注意すること
  • 黒染めスプレーに比べるとコスト高

※服につかないように、ハードスプレーや髪をまとめるなどしましょう。

まとめ

この記事では「黒染めしないで黒にする方法」について解説してきました。

髪を黒く見せるには以下の方法が有効です。

  • グレー・アッシュ系の低明度で染める
  • 黒染めスプレーを使用する
  • カラーワックスのブラックを使用する

それぞれ、メリットとデメリットを考慮して、自分に合った方法を取り入れてみてください。

また、セルフカラーで黒くするポイントは

  • ブリーチ毛はセルフカラーをしない
  • ブラウン系を使用する
  • 泡タイプが無難
  • カラー剤を多めに準備
  • 放置時間や塗布量を守る
  • できれば誰かに塗ってもらう

色味の選定やダメージ、その他さまざまな要因で仕上がりが変わる可能性があるので、

できれば美容院で行うことをお勧めします。

ぜひ参考にしてください。

Q&A

Q
髪を染めて色を持たせるにはどのようなことに気を付けるといいですか?
A
  • カラー用のシャンプーを選ぶ
  • シャンプーの回数
  • アイロンやドライヤーの熱(150度以下推奨)
  • 紫外線から守る

Q
髪を黒くした後で明るくしたい場合、色落ちさせたいのですが、何か方法はありますか?
A

あまりお勧めできませんが・・・

  • シャンプーの回数を増やす
  • 洗浄力の強いシャンプーを使う
  • ストレートアイロンを使う

どれも髪に負担がかかるので注意が必要です。


Q
その後ブリーチをしても大丈夫ですか?
A

黒染め後のブリーチは、髪へのダメージが大きくなるリスクがあります。

黒染めをした髪を明るくするためには、通常よりも強いブリーチが必要となり、その結果髪が痛む可能性が高まります。

ブリーチを検討する場合は、十分なインターバルを置いた上で、プロのヘアサロンでの施術を強くおすすめします。


黒染めや暗染めの関連リンク

黒染め完全ガイド!美容院での頼み方から他の方法まで|カラー美容師が解説

【黒染めしないで黒くする方法】をカラー美容師が伝授

【黒染めやめたほうがいい】といわれる理由や対策をカラー美容師が解説!

一週間だけ染めるヘアカラー|茶髪や金髪、黒髪までおすすめ方法と注意点を解説

【カラーリストが解説】黒染め色落ちしない方法

【カラーリストが解説】カラーバターで黒染め|他の方法も解説

【自宅で黒染め】セルフカラーのやり方のコツと選び方|カラーリストが解説!

カラーワックスについて

エマジニー カラーワックス 口コミや効果、使い方について|カラー専門美容師が解説!

コメント

タイトルとURLをコピーしました