【カラーリストが解説!】本当に黒染めやめたほうがいいのか?理由や対策も

※当サイトはPRが含まれています

黒染めについて

・就活や研修がある…
・職場の髪の規定が厳しい
・でも、黒染めはやめたほうがいいの?

多くの人がヘアカラーを楽しむ中、特定のライフステージや環境の変化で、地毛に近い色に戻す時がありますよね。

でも、ネットの情報は黒染めはデメリットが多く、やめたほうがいいとよく聞きます。

この記事を書いている私は15年以上ヘアカラー専門で、多くのお客様の髪を美しく染めるお手伝いをしてきました。

その私が、黒染めをやめたほうがいいと言われる理由と対策について解説します。

佐藤建次の自己紹介画像

ぼくの詳しいプロフィールはこちら

この記事の内容
  • 黒染めのリスクの解説
  • 黒染めと暗染めの違い
  • ただしい黒染めの頼み方
  • 数日間のみ暗くする方法

この記事を読むメリット

「黒染めはやめたほうがいい」と言われる理由を知り、あなたに合った黒染めができるようになります。

私が15年以上の経験を活かして、髪の染め方やケアのノウハウをお伝えします。髪色の悩みから解放されたい方は、ぜひ最後までお読みくださいね。

スポンサーリンク

黒染めの定義

黒染めとは、文字通り髪を黒く見せる手法のことです。

しかし、一言で「黒」といっても様々な色、薬剤が存在しますね。

そして、それぞれに特徴がありますよね。

黒染めって何?髪を黒く見せる

黒染めは、明るくなった髪色を黒くすること。

髪質や髪色で変わりますが、

6レベル以下の暗いカラー剤を使用すると黒っぽくなります。

例えば「ナチュラル」や「ブラック」、「グレー」など様々。

黒染めは「黒」だけでなく、

ナチュラルなどの様々な色味があり、

その色味で髪を黒くすることです。

薬剤としての黒染めとは?黒染め、暗染めについて

黒染めと聞くと真っ黒な髪色を想像しませんか?

そして、一度すると明るくすることができないと言われています。

このようなイメージの黒染めとは、カラー剤のN(ナチュラル)の4レベル以下を使用します。

色によっては地毛より黒くなり、明るくならず、ずっと真っ黒のまま…

それに対して、

Nでも6~5レベルは自然な「黒」になり、

グレーやブルーの3レベルは透明感のある「黒」になります。

褪色もしやすく、徐々に明るくすることが可能です。

これらも広い意味では黒染めと言えますが、わかりやすく分けて「暗染め」としましょう。

このように髪を黒くするにも

「黒染め」「暗染め」

この2つを覚えておきましょうね。

使用する薬剤によって変わる。色持ちや特徴について

例えば、同じN(ナチュラル)でも「黒染め」と「暗染め」があります

6~5レベルが「暗染め」

4レベル以下が「黒染め」

もちろん、仕上がりの色は違いますが、そのほかにも色持ちや特徴が違います。

項目暗染め黒染め
仕上がりの
明るさ
若干明るさが残る黒い
地毛より
黒くなる場合も
色持ち2週間もすると
明るくなってくる
かなり良い
次回の
カラーの影響
影響があるが
少しづつ色を
変えることができる
ほとんど色を
変えられない

もちろん、メーカーや色味によって変わりますが、だいたいこんな特徴。

このように色味や明るさによって、「黒」にするにも特徴が違います。

黒染めをやめたほうがいい理由

黒染め やめたほうがいい」と言われる理由は次回のカラーに影響が大きく、美容師自身もお客様の希望を叶えることが困難になっていくからです。

ヘアカラー、ブリーチ、それぞれの難易度が上がり、なおかつ失敗のリスクも高く、仕上がりも予想できなくなります。

お客様、美容師、両者にデメリットがあるため、あまり勧めたくないのです。

とはいえ、必ず髪を暗くしないといけない場面は存在します。そのためにデメリットや黒染めのやり方等を解説していきます。

黒染めのデメリット

一度黒染めをすると、様々なデメリットが存在します。

デメリット

  • 黒すぎて違和感がでる場合がある
  • 明るくならない
  • 色がかえられない
  • ずっと黒染めの履歴が残る

昔に気分で髪を真っ黒にしたいと言われました。もう明るくしないと言っていたので、黒く染めました。

しかし、次の月に飽きたので明るくしたいと言われてしまい、非常に困った経験があります。

結局、ブリーチを数回行うほかありませんでした…

オレンジ味は取れないし、髪はやはり痛みます。

このように、簡単に「黒ぞめ」をしてしまうと、未来の髪色の制限がかかったり、

髪のダメージの原因になってしまいます。

このようなことから「黒染めやめたほうがいい」といわれています。

黒染めのやり方(美容院)

私は、黒染めは美容院で行ったほうがいいと思います。

理由をいくつか挙げると

  • 黒染めするにも「色味」や「明るさ」があるため
  • ムラになりやすい
  • 美容師は豊富な知識と経験があるため

美容師でも「黒」といっても選択肢が様々あり、知識と経験が必要なのです。

塗布や髪のダメージにより、髪色のムラもできやすいですよね。

以上のことから、セルフで「黒染めやめたほうがいい」ので、美容院で行いましょう。

黒染めをする際の注意点

黒染めをする際の注意点を簡単に解説します。

①美容院のほうがリスクが少ない

先ほども黒染めは美容院で行うべきといいました。

もう少し詳しく解説しますね。

黒染めにも「色味」や「明るさ」がある

ぼくら美容師はお客様の希望に合わせて薬液を使い分けます。

「黒染め」が適切なのか。それとも「暗染め」のほうがいいのか。

現在の髪の明るさや維持したい期間によって使うべき「色」や「明るさ」は変わってしまいます。

様々な要素を考え、美容師は薬液を使い分けています。

ムラになりやすい

「黒染め」や「暗染め」は毛先が発色しやすくムラになりやすい。

濃い染料はダメージ部分に発色しやすい傾向があるので、注意して施術します。

時間差を使って毛先を塗ったり、施術の最後に毛先の先を塗ったりするなど工夫しているんですね。

毛先だけ黒くなり、上の方が明るい…

そんなムラになりやすいので注意が必要です。

美容師は豊富な知識と経験がある

専門的な勉強をして、それに伴い失敗と成功を繰り返しています。

黒染め後、1か月で明るくしたくなる…

実はよくあるコトなんですよね。

なので、黒染めに慎重になるし、薬液も色味も明るさもこだわっていますね。


以上が、美容院で行ったほうがリスクが少ない理由でした。

それでは、実際に美容院ではどうするべきでしょうか?

②頼むポイントを整理する

どのように希望を伝えるべきか迷いますよね。

美容院で伝えるべきポイントを理解するとスムーズにいきます。

失敗しない黒染めを頼むポイント

  • 黒染めをする理由や動機
  • 黒染めの明るさと色味
  • いつ特定のイベントがあるのか
  • どのくらい黒髪を維持したいか
  • 今後明るくするかどうか

このあたりを順に伝えると間違いないでしょう。


よく考えると、数日だけ黒くなればという人もいるかもしれませんね。

数日間だけ暗くする方法

髪色を一時的に暗くしたいけど、永続的な黒染めは避けたい。そんなあなたのニーズに応える最適な方法をご紹介しますよ。

①黒染めスプレー

一時的なニーズには、黒染めスプレーがおすすめです。

・①ホーユー Beauteen | ビューティーン 黒染めスプレー


created by Rinker
ビューティーン
¥482 (2024/06/18 09:53:27時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

1日だけ黒髪に変身!髪を傷めずに対応可能なアイテム

「ビューティーン」のトーンダウンカラーシリーズ。

面接や急な用事で、一時的に明るい髪を黒くしたい時に最適です。

髪に一時的に黒の色素を付着させるだけなので、髪のダメージを気にする必要がありません。また、シャンプーするだけで簡単に洗い流せるのが特長です。


・カラーバリエーション:ナチュラルブラック

・内容量:80g

②黒のカラーワックス

黒のカラーワックスも、一時的に髪色を変えるのに便利なアイテムの一つです。

特にショートヘアやショートボブにはカラーワックスがおすすめです。

・①エマジニー カラーワックス フォーマルブラック


特徴

冷たさと柔らかさ、二面性を持つ黒の魅力。

髪のトーンをちょっと落としたい日や、アクセントとしての黒を求めるとき。面接や冠婚葬祭など、さまざまな場面での活躍が期待できる、必携の一本です。

黒髪に変身可能。本当に助かる。洗うだけで元の色に。
バイト先で黒髪が必要だったけれど、これを使って自然に対応できました!

エマジニー カラーワックス フォーマルブラック

カラーバリエーション:16色

内容量:36g

キャンペーン:2個買うと1つ無料でついてきます。しかも16色から選び放題です。

③暗染め

数日から1週間、2週間までなら「暗染め」がおすすめです。

暗染めとは透明感を残しながら黒髪風の髪色にする方法。

  • N(ナチュラル)の5~6レベル
  • グレーの3~5レベル
  • ブルーブラック

この3色で染めることが多く、黒染めといえば黒染めですが、デメリットは黒で染めるより小さいですね。

「暗染め」や「黒染めじゃない黒」といった表現をします。

黒染めじゃなく黒くする方法

「地毛のように黒くしたいけど、黒染めはやめたほうがいいって本当?」


そんな疑問を持つあなたに、黒染めの代替手段として「暗染め」を提案しますよ。

暗染めとは

暗染めとは透明感を残しながら黒髪風の髪色にする方法。

  • N(ナチュラル)の5~6レベル
  • グレーの3~5レベル
  • ブルーブラック

この3色を使用します。

従来の「黒染め」に比べ、リスクが小さいとお伝えしました。

いくつかメリットとデメリットもあるので順に解説しますね。

暗染めのメリット

暗染めのメリットは以下の通りです。

  • 透明感が残る
  • 自然な黒さになる
  • 自然に褪色する
  • 次回に色を変えやすい

「黒染め」の色に比べて濃さや色味がやわらかく、黒くなりすぎず、自然に褪色します。

とはいえ、次回のカラーでなんでもできるかといえば、そうでもありません。

それなりの色素を入れるので、残留はするので注意は必要ですね。

また、デメリットも当然存在します。

暗染めのデメリット

暗染めのデメリットは以下の通りです。

  • 色の調整が難しく、思ったより明るく仕上がることがある
  • 褪色がかなり速い場合がある
  • 色味が強く出すぎる場合がある(ブルーブラックなど)
  • それなりに残留はするので、色は変えにくい
  • 熱に弱くアイロンで褪色しやすい

黒染めは染料が濃いので、調整とか必要ないんですね。塗れば仕上がりは「黒」になります。

それこそ、ブリーチ毛でも茶色の髪でも関係ありません。しかし、暗染めは違います。

明るさやダメージ、髪質を見極めて色味の調節が重要になります。そのため、思った色と違う…となりやすいのです。

暗染めの注意点

髪の明るさです。

特にブリーチをされている方は注意が必要です。

髪が明るいと以下のような失敗に繋がりやすいです。

  • 褪色がかなり早く、すぐ茶色くなる
  • 思ったより「明るい」や「青い」など色味が強い場合も
  • 褪色が緑っぽくなる
  • 熱に弱くアイロンですぐに色が落ちる

このあたりは、担当する美容師さん次第になってしまいますよね…

カラーのうまい美容院で相談をお勧めします。

4.市販で黒染めするときは

美容院で行うことをお勧めしますが、どうしてもできない人のために市販カラー剤について解説しますね。

4.1市販の黒染めのメリット・デメリット

市販の黒染めには、明らかなメリットとデメリットがあります。

市販のカラー剤のメリットは以下の通りです。

  • 時間や場所を選ばない
  • 美容院より安価

市販のカラー剤のデメリットは以下の通り。

  • ムラになりやすい
  • 色の調整ができない

今の自分の髪色も踏まえて考えてくださいね。

4.2市販の黒染めの選び方

市販の黒染めの選び方のポイントは以下の通り。

  • ブリーチ履歴の有無(明るいかどうか)
  • 色味を選ぶ
  • カラー剤のタイプ

それぞれ順に解説しますね。

ブリーチ履歴の有無 (明るいかどうか)

髪が明るい状態と暗い状態では色の仕上がりが変わります。

例えばアッシュ系のカラーで染めると、このように違いがでます。

カラー剤の発色の違いの説明

明るい髪はカラー剤の色を忠実に再現しやすいので、注意が必要です。

ブリーチ毛を暗染めする際の色のイメージ

色味が強く出たり、透明感が残りすぎます。

明るすぎる髪色はグレーとブルーブラックは気を付けましょう。

色味を選ぶ

暗染めの色は3系統

  • ナチュラル
  • グレー系
  • ブルーブラック系

明るめの髪色はナチュラル系で無難で、普通の髪色はナチュラル~グレー、ブルーブラック自分に合うものを選びましょう。

ブリーチ履歴があるならナチュラル系がお勧めです。

ブリーチ履歴がなく暗めの色ならナチュラル系、グレー系、ブルーブラック系など自分に合う色を選びましょう。

カラー剤のタイプ

カラー剤のタイプも選ぶ大事なポイントです。

市販のカラー剤は自分で染めやすいように剤を工夫しています。

  • 泡タイプ
  • クリームタイプ
  • 乳液タイプ

お勧めは「泡タイプ」です。

セルフカラーをする際は、均一に全体に髪に塗布する必要があります。

見えない内側や後ろの髪にもしっかり薬液を付けやすい「泡タイプ」がお勧めです。

・普通の髪色~明るい髪にお勧め

明るい髪にはナチュラルがオススメです。

●リーゼ 泡カラー 髪色戻し ナチュラルブラック

・リーゼ 泡カラー 髪色もどし ナチュラルブラック


明るい髪用で自然な仕上がりです
出典:花王

特徴

  1. 黒髪に近い自然な色合い
  2. 濃密泡の密着力でムラのない仕上がりを実現
  3. グレーやブルーをブレンドしたサロン品質の色設計
  4. アフターカラー用リペアトリートメントが同梱


・カラーバリエーション:ナチュラルブラウン・ナチュラルブラック

・内容量:1剤40㎖、2剤60㎖、トリートメント8g

・使用量:髪質や毛量で変わりますが、ショートで1つ。ミディアムで2つ。ロングは3つあると安心です

●ビューティーン トーンダウンカラー ナチュラルブラック

・ビューティーン トーンダウンカラー ナチュラルブラック


次のカラーリングに備えたい人向け
出典:ホーユー

特徴

  • 黒髪に近い自然な色合い
  • 色持ち成分Wアミノ酸(テアニン、タウリン)配合・ボタニカルオイル配合
  • 泡立つ乳液でムラなく塗布できる
  • 次のカラーで明るくできる独自処方


・カラーバリエーション:

ナチュラルブラウン・ナチュラルブラック・スーパーブラック

・内容量:1剤32g、2剤96㎖、美容液5g

・使用量:髪質や毛量で変わりますが、ショートで1つ。ミディアムで2つ。ロングは3つあると安心です

普通の髪色にお勧め

●パルティ カラーリングミルク ひたむきブルージュ

・パルティ カラーリングミルク ひたむきブルージュ


自然な黒髪風ブルー系おしゃれカラー
出典:ダリヤ

特徴

  • 暗めのブルーバイオレット系の色味
  • 内容量が1.5倍でしっかり塗布してムラを防ぐ
  • 手で簡単にムラなく塗布できるこっくり乳液処方
  • 暗めでしっかりトーンダウン。暗めでも透明感あり


特筆するべき内容:市販のカラー剤では数少ないブルーバイオレット系の色味。

・内容量:1剤60g、2剤120㎖、ヘアトリートメントセラム5g

・使用量:髪質や毛量で変わりますが、ショートで1つ。ミディアム~ロングで2つあると安心です。

●リーゼ 泡カラー ダークネイビー

・リーゼ 泡カラー ダークネイビー


黒染めの代わりになると評判のネイビーカラー
created by Rinker
リーゼ
¥900 (2024/06/18 13:14:08時点 Amazon調べ-詳細)
出典:花王

特徴

  • グレーやブルーの色味をブレンドしたサロン発想の色設計
  • 濃密泡処方でムラなく美しい仕上がりを実現
  • アフターカラー用リペアトリートメントつき
  • 「ブルーブラック」のような色味で、とても落ち着いた仕上がり


特筆するべき内容:「リーゼ 泡カラー ダークネイビー」はとあるコスメサイトでセルフヘアカラーランキング第1位になっています。

・内容量:1剤34g、2剤66㎖、ヘアトリート8g

・使用量:使用量:髪質や毛量で変わりますが、ショートで1つ。ミディアムで2つ。ロングは3つあると安心です。

ぜひ参考にしてください。

4.4市販で黒染めする際の注意点

  • パッチテスト(アレルギー試験)をすること
  • 手袋を着用すること
  • 髪は洗わないほうがいい
  • 塗布量や塗布ムラを気を付けること
  • 塗布時間や放置時間を守ること
  • 髪のダメージに注意すること
  • セルフカラーのデメリットに注意すること。

Q&A

Q
市販の黒染めはどれくらいで落ちる?
A

ナチュラルブラックといわれるものは2か月くらいすると明るくなってくるはずです。

それ以上に暗い色はもっとかかるかもしれません。

しかし、使用した薬剤の色やメーカー、髪質でも変わります。

Q
黒染めはしたくないけど暗くしたい場合はどうすればいい?
A

数日間なら「黒染めスプレー」や「黒のカラーワックス」がお勧めです。

2週間くらいなら暗染めがいいと思います。しかし、褪色しやすいことや思ったより明るく仕上がるなど、デメリットも考慮して決めましょう。

プロの美容師に相談することをお勧めします。

Q
1日だけ黒染めをしたいけど市販の黒染めで出来る?
A

できます。しかし1日なら染めるよりほかの方法もいいかもしれません。

例えば「黒染めスプレー」や「黒のカラーワックス」です。

もちろん、髪質やヘアスタイルにもよりますが…

Q
Q4「黒染めした髪を長持ちさせるにはどうしたらいい?」
A

・カラー用のシャンプーを使用する

・シャンプーの回数を少なくする

・アイロンやドライヤーの熱を気を付ける

・紫外線から守る

カラーの色持ちを良くする方法を行いましょう。

Q
市販より美容院の方が綺麗に染めてもらえるの?
A

美容院での染め方は技術や知識を持ったプロが行うため、仕上がりが綺麗です。

髪質やダメージを見極めて、最適な薬剤や施術を選択するからです。

まとめ

この記事では「黒染めやめたほうがいい」といわれる理由について解説してきました。

やめたほうがいいと言われる理由は黒染めのデメリットが大きいからです。

デメリットは以下の通りです。

  • 黒すぎて違和感がでる場合がある
  • 明るくならない
  • 色がかえられない
  • ずっと黒染めの履歴が残る

このデメリットを小さくするために、「暗染め」を紹介しました。

暗染めとはナチュラルやグレー、ブルーブラックを使用して、黒髪のように染めることです。

また、数日間なら黒染めスプレーの使用や黒染めワックスも紹介しました。

それぞれの方法と以下の要素を考えてみましょう。

  • 黒染めをする理由や動機
  • 黒染めの明るさと色味
  • いつ特定のイベントがあるのか
  • どのくらい黒髪を維持したいか
  • 今後明るくするかどうか

ご自身に合った方法を取り入れてみましょう

黒染めや暗染めの関連リンク

黒染め完全ガイド!美容院での頼み方から他の方法まで|カラー美容師が解説

【黒染めしないで黒くする方法】をカラー美容師が伝授

【黒染めやめたほうがいい】といわれる理由や対策をカラー美容師が解説!

一週間だけ染めるヘアカラー|茶髪や金髪、黒髪までおすすめ方法と注意点を解説

【カラーリストが解説】黒染め色落ちしない方法

【カラーリストが解説】カラーバターで黒染め|他の方法も解説

【自宅で黒染め】セルフカラーのやり方のコツと選び方|カラーリストが解説!

カラーワックスについて

エマジニー カラーワックス 口コミや効果、使い方について|カラー専門美容師が解説!

コメント

タイトルとURLをコピーしました