【重要】白髪染めとカラートリートメントを併用してきれいな髪色を保つ方法

※当サイトはPRが含まれています

白髪の悩みの解消の仕方

・白髪を染めてもすぐに目立ってしまう。
・定期的な白髪染めで、頭皮や髪がダメージを受けるのが心配。
・毎回の白髪染めに、美容院に行く時間とコストがかかる。

このような悩みを解消するための、『白髪染めとカラートリートメントの併用』の記事です。


この記事を読むメリット

効果的な併用方法を理解し、美しく健康的な髪を維持できます。

私の長年の経験と知識を活かして、白髪に関する解決策を提供します。

ぜひ最後までお読みください。


このブログの運営・執筆者

佐藤 建次

2000年に北日本ヘアスタイリストカレッジを卒業後、盛岡市の美容院に就職。

美容院で豊富な実務経験を経て、ヘアカラーリストに。最新の白髪ケアについて発信しています。

主な経歴と保有資格

この記事では、白髪染めのことを「医薬部外品のアルカリカラーを使用した白髪を染めるカラー剤」と定義します

※この記事で、カラートリートメントのことを「白髪用に調整されたカラートリートメント」と定義します。また、「白髪染めトリートメント」と同義とします。

※この記事で、併用派のことを「白髪染めとカラートリートメントの両方を併用している人」と定義します。

スポンサーリンク

白髪染めとカラートリートメントの違い

白髪染めトリートメント」と「白髪染め」は白髪を染めれますが、まったくの別物です。

成分や効果、染まり方が違います。

通常の白髪染めの成分

主な成分は3つ。

  • アルカリ:キューティクルを開いたり脱色作用がある
  • 過酸化水素:脱色と染色作用
  • ジアミン:染料

作用する場所

脱色力があり、色のバリエーションが豊富。

カラートリートメントの成分

トリートメントの主な成分は2つ。

  • 染料:主に白髪に色を付ける
  • トリートメント成分:頭皮や髪に効果のある成分

作用する場所

脱色力がなく、刺激が少ない。

それぞれにメリットとデメリットがあります。

そのメリットをうまく組み合わせることで、白髪の悩みを軽くできるかもしれませんね。

そのためには知識とコツが重要です。

まずは、併用派のメリット・デメリットを理解しておきましょう。

併用派の【5つのメリット】を解説!

併用する場合のメリットを5つにまとめました。

そのほかにもあるかもだけど、個人的にはこの5つです。

それぞれ簡単に解説していきますね。

➀白髪をなじませれる

よくお客様に、白髪を染めても2週間で気になると言われます。

ぼくのサロンではヘアカラー周期の平均は2か月ほど。約1か月以上、白髪が気になった状態を我慢しています。

カラートリートメントは手軽に白髪のケアができますよ。

白髪が少しでも気にならないようになったら、とてもうれしいですね。

②白髪染めの周期を長くできる

多くのお客様は白髪が気になった際に来店されます。

その周期がだいたい決まっていて、お客様自身で大体の周期を理解しています。

白髪がなじんだ状態なら、次回の白髪染めまで間隔が長くなるはずです。

③頭皮や髪のダメージを減らせる

極端ですが、ヘアカラーを年に12回と6回と比べると、後者が確実にダメージは少ないはずです。

もちろん、優れた美容院なら薬液のパワーを調節して、ダメージを少なくすることができます。

しかし、すべての美容院で薬液の調節をしているとも言えません

頭皮や髪のダメージを確実に減らすなら、年1回でもカラーの頻度を減らすことです。

④長期的に白髪染めの回数を減らす

白髪染めは定期的に行います。

月に1回なら年12回

2か月に1回なら年6回

白髪の気になる周期が長くなれば、長期的に白髪染めの回数を減らすことができます

これは様々なメリットがあるでしょう。

⑤美容院にかかる時間やコストを減らせる

1回当たりの美容院のヘアカラー料金は約7000円です。e-Stat 政府統計ポータルサイトを参照

リタッチであれば、平均価格は約5000円くらいです。

ヘアカラー周期が長く出来れば、以下のようなコストを減らすことができるかもしれません。

  • 美容院代
  • 美容院に行く手間
  • 美容院の滞在時間

とはいえ、デメリットもあるので次の章で解説しますね。

併用派の【4つのデメリット】

併用派のデメリットは4つほど。

それぞれ簡単に解説しますね。

➀白髪染めほどしっかり染まらない

これはカラートリートメントの性質によるものです。

カラートリートメントはダメージのない白髪に、吸着しにくい性質をもっています。

しっかり染めたいといって、濃いカラートリートメントを使用すると、暗くなりすぎてしまうので注意が必要です。

②手間がかかる

白髪染めとは違い、一週間に数回染める必要があります。

なぜなら、色持ちも悪いと言われているからです。

③併用方法で白髪染めに影響が出る

カラートリートメントで染めた髪は、白髪染めでは明るく出来ないことが多いです

特に暗くなりすぎた髪は注意が必要です。

美容院で修正できない場合があるため、併用方法についてしっかり学びましょう。

④製品や色選びで白髪染めに影響が出る

製品や色選びは重要です。

製品によって、赤みが強いや寒色など特徴があるためです。

赤味が強いカラートリートメントを使用した後に、アッシュやグレー系の色味は難しくなってしまいます。

白髪染めの色味の系統を意識しましょう。

併用派の長期的な4つのベネフィット

併用派はその時だけの、メリット・デメリットだけではありません。

長期的な視点で見ると、もっと大きなベネフィットを得ることができます。

ここでは4つのベネフィットに注目します。

①白髪が目立たなくなり自信が湧く

女性の白髪に関する意識と実態調査では

  • 白髪があるだけで、見た目年齢が4歳も老化
  • 白髪があるだけで7歳老化したように感じ、7割が自信を失う

というアンケート結果も。

白髪はなくすことはできませんが、なじませることで自信につながるかもしれませんね。

②白髪染めの回数が減り、頭皮と髪が痛みにくい

ダメージが減ると、髪にツヤやハリが出ます。

すると、髪が扱いやすくなるでしょう。

頭皮のダメージが減ると、新しく生える髪の質も良くなるはずです。

長期的に髪質が改善されてきますね。

③エイジングの進行が遅くできる可能性がある

エイジングとは『年齢と共に起こる髪の変化のこと』です。

原因は様々ですが、白髪染めによる頭皮の酸化も原因の一つです。

白髪染めの周期が長くすることで、頭皮の環境を守ることができます。

その結果、エイジングの進行を防ぐことができるかもしれません。

④ジアミンアレルギーの予防になる可能性がある

ジアミンアレルギーとは『白髪染めに含まれるジアミン化合物に対するアレルギー反応』です。

これは今までアレルギーが無かった人が、突然に起こる可能性があるのです。

そして、ジアミンと接触頻度が多いほど、発症リスクが高まってしまいます。

そのため、適切なカラー周期を空けることが、発症リスクを下げる可能性があります。


ここまでメリット・デメリット、長期的なベネフィットについて解説してきました。

次の章から併用の際の、使い方や選び方など実用的なアドバイスをしていきます。

カラートリートメントの併用の際の4つのアドバイス

併用の際の4つのアドバイスは以下の通りです。

順に簡単に解説しますね。

①あくまで白髪染めがメイン。カラートリートメントは白髪がなじむ色を

カラートリートメントは、白髪の染まりが弱いかもしれません。しかし、カラートリートメントで白髪を染めようとすると、濃いカラートリートメントになりがちです。

しかし、カラートリートメントで白髪を染めようとすると、ほぼ確実に中間から毛先が暗く仕上がります。

そして、白髪染めの際に

  • 明るくならない
  • ムラになる
  • 希望の色味にならない

という原因になってしまいます。

あくまで、カラートリートメントは白髪をなじませる程度で使いましょう。

②リタッチのみを推奨。全体染めはお勧めしない

カラートリートメントで全体を染めると、確実に中間から毛先にかけて暗くなってしまうから。

なぜなら、健康な髪ほど色が入りにくく、ダメージした髪に色が入りやすい傾向があるためです。

つまり、新しく伸びた白髪は色が入りにくく、白髪染めした髪には色が入りやすいのです。

一度カラートリートメントで暗くなった髪は、美容院で再度明るくすることが難くなります。

あくまで、白髪染めがメイン。カラートリートメントはリタッチのみにしましょう。

③色味は明るめを使用し、少し白髪が浮くのがちょうどよい

カラートリートメントの色は明るめを選びましょう。

というのは、新しく伸びた白髪のみ塗布することは困難だからです。数ミリの白髪と一緒に白髪染め部分も染まってしまいます。

特に濃いカラートリートメントを使用すると、根元付近が暗く沈み込んでしまいます。根元付近が暗くなり、意図せぬグラデーションカラーのようになってしまいます。

これは、美容院で直そうとしても、なかなか直すことが難しいのです。

根元付近が暗くならないように、明るめの色を選びましょう。

④リタッチが難しいなら見える部分だけでもいい

もちろん、セルフでリタッチのみは難しいことが分かります。

その場合は見える部分、分け目やお顔周りの根元のみで問題ないです。

大事なことは2点。

  • 自分から見える白髪をなじませること
  • 次回の白髪染めの妨げにならないように、白髪をなじませること

これで、白髪染めの妨げをしないようにできると思います。

⑤白髪染めの色味の系統に合わせよう(暖色系と寒色系)

最後に、カラートリートメントの色味を白髪染めと合わせましょう。

カラートリートメントの色味は、大きく2つの系統に分かれます。

  • オレンジ味がある暖色系
  • グレーやくすみ感のある寒色系

暖色系のカラートリートメント後に、美容院で寒色系にチェンジは難しくなります。

美容師の色味を確認し、カラートリートメントの色味を合わせるとよいでしょう。


なんだか、少しめんどくさいと感じましたか?

白髪をなじませるには『白髪隠し』も有効です。

白髪隠しは毎日使用するので、手間がかかるかも

髪色にこだわりがあるような場合は、白髪隠しを検討してください。

注意点としては、白髪が染まらないため、毎日の使用が必要になります。

これは、髪色を変化させないというメリットでもあり、デメリットでもあります。

白髪隠しについては、こちらの記事でも紹介しています。

美容院の白髪染めと次回までの”つなぎ”!最新の白髪ケア4選

カラートリートメントの使い方(具体的な手順)

具体的な手順を5つのステップで解説しますね。

  1. シャンプーする
  2. 白髪の気になる場所からトリートメントを塗布する
  3. 指定の時間放置を置く
  4. 洗い流す
  5. 髪を乾かす

①はじめにシャンプーで髪を洗う

はじめにシャンプーします。

汚れがあると、カラートリートメントの効果が発揮されないからです。

特のセット力のあるスタイリング剤は、しっかり落としましょう。

お勧めは洗浄力のあるシャンプーです。

②白髪の気になる場所からトリートメントを塗布する

カラートリートメントは白髪が目立つ部分から塗布しましょう。

初めに塗布すると、そこが一番染まりが良くなるからです。

その後に、全体に均一に塗布していきましょう。

③指定の時間放置を置く

製品の指定時間おきましょう。

染まりをよくしたい場合は+10分ほど置くとよいでしょう。

④しっかり洗い流す

色水が出ないくらいまで、しっかり流しましょう。

シャンプーは不要です。

⑤髪を乾かす

しっかり乾かしましょう。

髪が濡れていると、色移りする可能性があります。

併用時の【2つの注意点】

併用派の方が、美容院で白髪染めをする際の注意点を解説します。

①白髪染めをする2週間前は、カラートリートメントの使用を控える

カラートリートメント色素を退色させるためです。

色素が残留していると、白髪染めがうまく染まらない場合があるからです。

カラートリートメントで暗く染まった髪に白髪染めするより、褪色した髪のほうが、色や明るさを再現することができます。

出来れば、白髪染めの2週間前はカラートリートメントを控えましょう。

②美容院でカラートリートメントの使用を伝えること

プロの美容師でも、見るだけでは何で染めているのかわからないからです。

すると、失敗のリスクが大きくなるからです。

カウンセリングの際に必ず伝えましょう。対策や薬剤選定を適切にできると思います。


次の章からお勧めのカラートリートメントを紹介します。

併用派におすすめの紹介

白髪染めとカラートリートメントを併用する方にお勧めの製品を紹介します。

【LPLP ルプルプ エッセンス】カラートリートメント

色のバリエーションが多く、様々な人に使いやすい。

放置時間も短く、手触りや効果もトップクラス。

カラートリートメント


おすすめ度:★4.0

染まり ★ 4.0 | 手触り 5 | コスパ 3.0 |

created by Rinker
ルプルプ(LPLP)
¥3,630 (2024/06/18 01:04:05時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

  • 最短3分で染まる
  • Wフコイダンが頭皮表面と内部を保湿
  • 94.5%天然由来成分
  • バリエーションが5色と多い。自分に合う色を選びやすい

基本情報

放置時間3分
色のバリエーション・アッシュブラウン
・ハニーブラウン
・ウォルナットブラウン
・チークブラウン
・エボニーブラック
成分・フコイダン
・25種の植物美容成分
・6種類のオーガニックオイルとパールエキス
容量170g
価格3630円(Amazon参照)
1g当たり21.3円

公式サイト:https://www.626214.com/product/essence-color-treatment/index.html

【CILEO シエロ】カラートリートメント

リタッチ用と全体用が選べます。

併用派の方はリタッチ用がお勧めです。

カラートリートメント


おすすめ度:★3.66

染まり ★ 3.0 | 手触り 3.0 | コスパ 5.0 |

created by Rinker
シエロ
¥1,172 (2024/06/18 12:32:48時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

  • リタッチ用と全体用と二つのバリエーション(ノズルが違う)
  • 自然由来指数90%以上

基本情報

放置時間5分~10分
色のバリエーション・ナチュラルブラウン
・ダークブラウン
製品バリエーション・リタッチ用
・全体用
成分・アルガンオイル
・ツバキオイル
・オリーブオイル
容量230g
価格1236円(Amazon参照)
1g当たり5.37円

公式サイト:https://www.cielo.jp/lineup/color-treatment/

【PRIOR プリオール】カラーコンディショナー N

プリオール カラーコンディショナーは薄い色素が特徴です。

暗くなりすぎる心配が少ないです。

カラーコンディショナー N


おすすめ度:★3.3

染まり ★ 2.0 | 手触り 3.0 | コスパ 5.0 |

特徴

  • 少しづつ着色して、気になる白髪を目立たせない
  • サラサラ質感で根元からふんわり

色味のタイプ

暖色よりのブラウン

基本情報

放置時間5分
色のバリエーション・ブラウン
・ダークブラウン
・ブラック
・グレイ
成分・天然海藻エキス
・ミネラル&コラーゲン
容量230g
価格1408円(Amazon参照)
1g当たり6.12円

公式サイト:https://www.shiseido.co.jp/sw/c/products/SWFG070410.seam?shohin_pl_c_cd=731801&online_shohin_ctlg_kbn=1

Q&A

Q
白髪染めとカラートリートメントを併用すると、髪が緑になるのですか?
A

ほとんどの場合は緑色に変色することはありません。

緑になると言われるのは、【感光性染料とアルカリ剤の反応】です。

感光性染料とは、光によって染まるタイプのカラー剤です。これは非常に注意が必要です。

また、まれに白髪染めの酸化染料とトリートメントの塩基性染料が化学反応を起こし、緑になる場合があるようですが、現在はほとんど聞いたことがありません。

Q
白髪染めトリートメントと美容院との併用ができない施術はある?
A

注意するべき施術は存在します。

①熱を使う施術(縮毛矯正やデジタルパーマ)の後にカラートリートメントを使用すると、予期せぬ色に変わるリスクがあるようです。

②パーマはかかり具合や染まり具合が悪くなる場合があります。

Q
白髪染めの後にカラートリートメントをしてもいいですか?
A

はい。次の白髪染めまでの期間、カラートリートメントを使用できます。

注意点として、カラートリートメントの色味が髪に残留したり、濃く入りすぎてしまうことがあります。その場合は白髪染めで明るくすることができないです。

適切な色味や製品、施術方法を行いましょう。

Q
美容院のつなぎとして使えますか?
A

はい。使えます。次回の白髪染めまで、白髪をなじませることができます。

その際は、白髪染めの色の妨げにならないようなカラートリートメントを使用しましょう。

例えば、明るめの色味などです。そして、根元の白髪のみに使用をお勧めします。

Q
白髪染めトリートメントがよく染まる方法はありますか?
A

あります。例えば以下の通りです。


・事前にシャンプーで汚れを取る
・時間を長くおく
・乾いた髪に使用する
・たっぷり塗る
・白髪が気になる場所から塗る


まとめ

白髪染めとカラートリートメントの併用についての解説してきました。

まとめると以下の通りです。

ぜひ効果的な白髪ケアのために、厳選したカラートリートメントをお試しくださいね。

また、 白髪ケアについてのさらなる情報は、他の関連記事をご覧ください。

関連リンクはこちら

白髪染めトリートメントと白髪染めについて

【カラーリスト監修】白髪染めトリートメントって何?白髪染めの違いや良い点・気になる点について解説

【おすすめな白髪染めトリートメント完全ガイド】選び方から使用法まで

白髪ケアの新常識!白髪染めとカラートリートメントを併用して美髪を保つ方法

白髪用カラーシャンプーについて

【白髪に効果ある?】白髪用ムラサキシャンプーのおすすめとは

白髪隠しアイテムを活用する

美容院の白髪染めと次回までの”つなぎ”!最新の白髪ケア4選

白髪染めの悩みを解消する

【ゴワゴワ・キシキシ・パサつき】白髪染めのダメージ別の原因と傷ませない方法を解説

「おしゃれ染め」と「白髪染め」の違いを知って、自分に合ったヘアカラー見つけよう!

【10代・20代・若者向け】白髪染めガイド|カラーリストが白髪の原因と対策も解説

【すぐ落ちる】白髪染め後の白髪がキラキラ&浮き問題|原因と対策を解説

ジアミンフリーで安心!低刺激な白髪染めを徹底解説

白髪染めによるかゆみにサヨナラ!専門家が教える原因と解決策

白髪ケアも簡単に!自宅でできる白髪染め方法とおすすめアイテム

【知っていますか?】白髪染めの頻度を減らす方法と適正な頻度|カラー専門の美容師が解説

【本当に染まる?】白髪染めシャンプーのメリットとデメリットをカラーリストが解説

どちらがいい?暗い白髪染めを明るくする方法【セルフカラーと美容院の両方を解説】

コメント

タイトルとURLをコピーしました