白髪ケアも簡単に!自宅でできる白髪染め方法とおすすめアイテム

※当サイトはPRが含まれています

「自宅で白髪を簡単に染めたいけど…何がいいかな。」
「時間も手間もかからない、白髪染めを見つけたい。」

白髪染めしてもすぐに気になるのは、大きな悩みです。

しかし、さまざまなタイプの製品を前に、自分に合うものを選ぶのは本当にむずかしいですよね。

今回はその中で、簡単に使用できる白髪染めについて紹介しますね。


この記事の内容

自宅で簡単にできる白髪染めの方法と、効果的な製品選びのポイントを紹介します。

この記事を読むメリット

自分に合った最適な製品を見つけ、簡単に白髪ケアができるようになります。


白髪染めはたくさんありますが、正しい知識と情報があれば、自宅で簡単に美しい髪色を保つことが可能です。

このブログの運営・執筆者

佐藤 建次

2000年に北日本ヘアスタイリストカレッジを卒業後、盛岡市の美容院に就職。

美容院で豊富な実務経験を経て、ヘアカラーリストに。最新の白髪ケアについて発信しています。

主な経歴と保有資格
スポンサーリンク

初めに結論

簡単な白髪染めのタイプ

簡単に白髪をケアできる、白髪染めのタイプは以下の通りです。

また、簡単に染める方法は以下の通りです。

簡単に染める例
  • 塗りやすいカラータイプを使用する
  • 美容院の繋ぎとして見える部分のみ染める

それでは、順に解説していきます。最後までよろしくお願いします。

白髪染めとは?

白髪染めとは、白髪をカバーするためのカラーリングメニューと、それに使用されるカラー剤のことです。

【白髪染め=アルカリカラー】

実はオシャレ染めと白髪染めは、同じアルカリカラーです。

使用目的が違うので、塗布や成分、色味などが違いますよ。

多くの美容院では、白髪染めというメニューにアルカリカラーを使用しているのです。

なので、白髪染め=アルカリカラーということが非常に多いですね。

白髪染めの種類・特徴を解説

美容院の白髪染めは、8割以上がアルカリカラーを使用します。

アルカリカラーにも様々な形状のカラー剤があります。

美容院ではクリームタイプのみですが、セルフカラーは様々です。

白髪染め(アルカリカラー)の特徴

アルカリカラーはメリットが大きいので、多くの方に使用しています。

色も明るさも幅広く多くのお客様の希望に沿うためにはアルカリカラーは必須です。

アルカリカラーのメリット

  • 明るくする作用がある
  • 色味のバリエーションが多い
  • 白髪をしっかりカバーできる

一方で、気になる部分も多いのが事実です。

アルカリカラーのデメリット

  • 髪にダメージがある
  • 頭皮に刺激がある
  • アレルギーリスクがある

大事なことは、適切に使用できるかどうかです。

【白髪染め(アルカリカラー)】の種類は3種類

アルカリカラーの形状は主に3種類です。

白髪染めの形状
  • クリームタイプ
  • 泡タイプ
  • 乳液タイプ

なぜなら、目的や施術者など、使用しやすいように工夫しているからです。

①クリームタイプ

自宅でのセルフ染毛や美容院での使用に適しており、塗布しやすく、しっかりとした染め上がりが得られます。

②泡タイプ

セルフ用として人気があり、泡で出てくるため塗布が簡単。

均一に髪に行き渡らせやすいです。液だれしにくく、初心者にも扱いやすいです。

③乳液タイプ

クリームよりも少し流動性があり、髪になじませやすい特性があります。

しっかりとした染色効果とともに、塗布のしやすさを兼ね備えています。


セルフカラーで簡単に白髪を染めれるのは【泡タイプ】

クリームタイプや乳液タイプより、均一に塗れるのは【泡タイプ】です。

泡タイプは毛髪を包み込むようにのびるため、髪全体に均一に塗布しやすいですね。

一方でクリームタイプや乳液タイプは、髪の内側に塗りにくく、頭皮に溜まりやすいですね。

全体染めするなら、泡タイプが簡単に使用できますよ。

泡タイプ白髪染めのお勧め

hoyu ホーユー シエロ ムースカラー

シエロ ムースカラー


特徴

  • 密着ムースタイプで塗りやすい
  • 残ったカラーは取っておける
  • 全体染めもリタッチもできる

基本情報

放置時間20分
色のバリエーション全16色
成分・色持ち成分(テアリン・タウリン)
・ツヤ成分(ツバキ油・ひまわり油)
・うるおい成分(海洋コラーゲン・海藻エキス)
価格746円(Amazon参照)

公式サイト:https://www.cielo.jp/lineup/mousse/

Blaune ブローネ 泡カラー

泡カラー


created by Rinker
ブローネ
¥1,980 (2024/06/17 22:10:57時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

  • 根元も内側も超浸透
  • 専用トリートメント付き

基本情報

放置時間20分
色のバリエーション全13色
成分・毛髪保護税分(海藻エキス・軟質ラノリン脂肪酸)
・うるおい成分(ローヤルゼリーエキス)
価格1380円(Amazon参照)

公式サイト:https://www.kao.co.jp/blaune/products/awa/

泡カラーはダメージが蓄積しやすい

アルカリカラーは適切に行わないと、髪のダメージが蓄積しやすいですね。

毛先まで薬液がのびるから…。

そのため、徐々に髪はごわごわ、パサパサしていきます。

必要なのは、たまに部分染めやリタッチをすることではないでしょうか。

クリームタイプでリタッチを行うとよい

クリームタイプは、染めたい場所をピンポイントで染めることができます。

泡タイプや乳液タイプは柔らかすぎて、染めたいところ以外にも薬液がついてしまいますよね。

実際に美容院でも、粘性のあるクリームタイプの薬液を使用しています。

リタッチするならクリームタイプを使用しましょう。

クリームタイプのお勧め

WELLATON ウエラトーン 2+1

2+1(ツープラスワン)


特徴

  • 99%植物由来成分配合
  • ミクロ色素処方で色持ち6週間
  • 多彩なバリエーション

基本情報

放置時間20分
色のバリエーション全25色
成分・植物由来成分(ヒマワリ油・ホホバ油・アボガド油・オリブ油)
価格1479円(Amazon参照)

公式サイト:https://www.wella.com/retail/jp-JP/haircolor/ProductDetails/wellaton_series

CIELO シエロ ヘアカラーEXクリーム

ヘアカラーEXクリーム


特徴

  • 混ぜる手間なしワンプッシュ
  • 残りは取っておけるタイプ
  • 多彩なバリエーション

基本情報

放置時間20分
色のバリエーション全19色
成分・色持ち成分(テアリン・タウリン)
・ツヤ成分(ツバキ油・ひまわり油)
・うるおい成分(海洋コラーゲン・海藻エキス)
価格968円(Amazon参照)

公式サイト:https://www.cielo.jp/lineup/cream/

リタッチが難しいなら見える部分のみ染める

前提として、美容院とセルフカラーの併用になりますが、リタッチが難しいなら、見える部分のみ染めてもいいと思います。

この場合は分け目やフェイスラインなど、自分から見える部分です。

WELLATON ウエラトーン 2+1 分け目・フェイスライン用

2+1(ツープラスワン) 分け目・フェイスライン用


特徴

  • 99%植物由来成分配合
  • ミクロ色素処方で色持ち6週間
  • 分け目やフェイスラインに塗布しやすい専用ブラシ付。

基本情報

放置時間10分早染めタイプ
色のバリエーション全2色
成分・植物由来成分(ヒマワリ油・ホホバ油・アボガド油・オリブ油)
価格2580円(Amazon参照)

公式サイト:https://www.wella.com/retail/jp-JP/haircolor/ProductDetails/wellaton_series

全体を染める心配がないので、手軽にできると思います。

とはいえ、ムラになりやすかったり、ダメージの心配もつきものです。

そんな時は白髪隠しもおすすめです。

外出先でも使用できる白髪隠しもおすすめ

白髪隠しとは、一時的に白髪をなじませる製品です。

  • 白髪染めの影響が少ない
  • 手軽に簡単に使える
  • 外出先でも使用できる

といった特徴をもち、

  1. ファンデーションタイプ
  2. マスカラタイプ
  3. スティックタイプ
  4. パウダータイプ
  5. スプレータイプ

といった種類があります。

お勧めはスティックタイプ・ファンデーションタイプ

様々な種類の中から特にお勧めなのはスティックタイプとファンデーションタイプがお勧めです。

なぜなら、操作性がよくてカバーできる範囲が広いから。

特に徐々に染まるタイプがお勧めです。

KIWABI(綺和美)白髪隠し カラーリングブラシ

白髪隠し カラーリングブラシ


出典:https://jp-shop.kiwabi.com/shop/products/RV001-BL-Rから

特徴

  • 天然成分100%
  • 速乾タイプでべたつかない。
  • 使うたびに自然な髪色になじんでいく
  • 本当に良いものを選びたい方におすすめ

基本情報

放置時間なし
色のバリエーション・ライトブラウン
・ダークブラウン
・ブラック
成分・4つのイオン色素
・ナノ分子カラー
容量20g
価格4378円(Amazon参照)
使用目安約200プッシュ・2~6か月間使用できる

単品購入と定期購入と選べます。

公式サイト特典:

  • 定期購入で4378円が3037円に!
  • お届けサイクルを指定できます。
  • いつでも解約できます(2回以上購入が必要)
定期購入がおすすめ!公式サイトで確認

徐々に白髪がなじむタイプなので、毎日使用の煩わしさが減っていきます。

グリーンノート 白髪隠し カラースティック

白髪隠し カラースティック


created by Rinker
グリーンノート
¥2,376 (2024/06/17 23:42:44時点 Amazon調べ-詳細)
出典:グリーンノート

特徴

  • 天然由来成分100%で、仕上がりがとっても自然。
  • 汗や水で色落ちしません
  • 6種の植物エキスで髪に潤いを。

基本情報

放置時間なし
色のバリエーション・ライトブラウン
・ダークブラウン
・ブラック
成分・ヘンナエキス
・椿油
・ローズマリーエキス
容量4g
価格2376円(Amazon参照)

公式サイト:https://www.henna.co.jp/product/stick/

THROW スロウ ヘアカラーコンシーラー

ヘアカラーコンシーラー


出典:b‐ex

特徴

  • 専用のパフで分け目やお顔周りを簡単にケアできます。
  • シックなデザインでポーチに入れても違和感がない
  • サロン専売品で高品質でサロンで人気商品

基本情報

放置時間なし
色のバリエーション・ライトブラウン
・ブラウン
成分
容量11g
価格2118円(Amazon参照)

公式サイト:https://www.b-ex.inc/throw/concealer

上記の2つは、白髪を染める効果はありませんが、とても使用しやすくオススメです。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事で解説しています。

美容院の白髪染めと次回までの”つなぎ”!最新の白髪ケア4選

ダメージケアと白髪ケアを両立ならカラートリートメントがおすすめ

カラートリートメントとは、トリートメントに塩基性染料やHC染料が配合。

主な特徴はこちら

  • 頭皮や髪にやさしい
  • 刺激が少ない
  • アレルギーリスクが少ない
  • 染めるたびに髪がツヤツヤになる

お勧めのカラートリートメント【3種】

BELTA ベルタヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメント


おすすめ度:★4.0

染まり ★ 4.5 | 手触り 5 | コスパ 2.5 |

特徴

  • リタッチに最適で生え際や気になる部分だけの染め直しも簡単。
  • 最短5分!簡単に白髪ケア
  • 業界トップクラスの美容液成分数(56種類の美容液成分+稀少オイル)

基本情報

放置時間5分
色のバリエーション・ダークブラウン
・ソフトブラック
成分・56種の美容液成分
容量200g
価格4980円(Amazon参照)
1g当たり24.9円

定期購入がお買い得!

買い忘れを防いで、いつもキレイ。

公式サイト特典

  • 初回価格は3,480円で1,500円もお得!
  • 2回目以降も20% OFF。
定期購入がおすすめ!公式サイトで確認
20日間の返金保証付きで、いつでも解約OK!さらにお約束回数もなし!

【LPLP ルプルプ エッセンスカラートリートメント

カラートリートメント


おすすめ度:★4.0

染まり ★ 4.0 | 手触り 5 | コスパ 3.0 |

created by Rinker
ルプルプ(LPLP)
¥3,630 (2024/06/18 01:04:05時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

  • 最短3分で染まる
  • Wフコイダンが頭皮表面と内部を保湿
  • 94.5%天然由来成分
  • バリエーションが5色と多い。自分に合う色を選びやすい

基本情報

放置時間3分
色のバリエーション・アッシュブラウン
・ハニーブラウン
・ウォルナットブラウン
・チークブラウン
・エボニーブラック
成分・フコイダン
・25種の植物美容成分
・6種類のオーガニックオイルとパールエキス
容量170g
価格3630円(Amazon参照)
1g当たり21.3円

公式サイト:https://www.626214.com/product/essence-color-treatment/index.html

【syoss サイオス】カラートリートメント

カラートリートメント


おすすめ度:★★★★☆ 3.8

染まり ★ 3.5 | 手触り 3.0 | コスパ 5.0 |

サイオスカラートリートメント画像
サイオスカラートリートメントの中身
サイオスカラートリートメントで毛束染める
created by Rinker
サイオス
¥1,097 (2024/06/18 11:32:35時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

  • たった1回で染まる独自処方
  • 濡れた髪でも乾いた髪でも使える
  • コスパ良く染まりが優秀

基本情報

放置時間5分~10分
色のバリエーション・ライトブラウン
・ナチュラルブラウン
・ダークブラウン
・アッシュブラック
成分・ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン
・加水分解ケラチン
容量180g
価格909円(Amazon参照)
1g当たり5.05円

公式サイト:https://syoss-selfcoloring.jp/product/color-treatment/

CILEO シエロ】カラートリートメント

カラートリートメント


おすすめ度:★3.66

染まり ★ 3.0 | 手触り 3.0 | コスパ 5.0 |

シエロカラートリートメントの画像
シエロカラートリートメントの中身
シエロカラートリートメントの毛束の色
created by Rinker
シエロ
¥1,172 (2024/06/18 12:32:48時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

  • リタッチ用と全体用と二つのバリエーション(ノズルが違う)
  • 自然由来指数90%以上

基本情報

放置時間5分~10分
色のバリエーション・ナチュラルブラウン
・ダークブラウン
製品バリエーション・リタッチ用
・全体用
成分・アルガンオイル
・ツバキオイル
・オリーブオイル
容量230g
価格1236円(Amazon参照)
1g当たり5.37円

公式サイト:https://www.cielo.jp/lineup/color-treatment/


カラートリートメントについてもっと詳しく解説している記事はこちら。

【おすすめな白髪染めトリートメント完全ガイド】選び方から使用法まで解説!

とはいえデメリットも簡単に説明しておきますね。

白髪染めトリートメントの悪い点

  • 一度ではしっかり染まらない
  • 明るくできない
  • 色持ちが悪いことがある

また、選び方や白髪染めと併用についても注意点があります。

カラートリートメントの選び方

選び方は、大きくは2つあると考えています。

  • 白髪染めの代わりとして使用していく
  • 白髪染めと併用する

①白髪の染まりを優先して染まりの良いカラートリートメントを選ぶ。

②併用のために明るめの色味を選ぶ。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

選び方について:

【おすすめな白髪染めトリートメント完全ガイド】選び方から使用法まで解説!

白髪染めと併用の仕方:

白髪ケアの新常識!白髪染めとカラートリートメントを併用して美髪を保つ方法

参考にしてくださいね。

実は似たような製品で白髪染めシャンプーというのも存在します。

白髪染めシャンプーも簡単に白髪ケアできる

トリートメントに使われている、塩基性染料やHC染料をシャンプーに配合。

シャンプーをしながら徐々に白髪をなじませる製品です。

そんなシャンプー大丈夫?と思うかもしれません。

しかし、洗浄成分や色素を工夫しており、成分もやさしいことが多いのです。

お勧めの白髪染めシャンプー【利尻カラーシャンプー】

利尻カラーシャンプー


引用元:自然派clubサスティ
引用元:自然派clubサスティ

特徴

  • 洗浄成分がアミノ酸系で優しい。
  • 天然由来27種の美髪成分
  • 4つのイオン色素(塩基性染料とHC染料)
  • 白髪染めシャンプーの中で染まりが良い製品

基本情報

放置時間2~3分がおすすめ
色のバリエーション・ライトブラウン
・ナチュラルブラウン
・ダークブラウン
・ブラック
成分・天然由来27種の美髪成分
・4つのイオン色素
容量200g
価格3850円(Amazon参照)
1g当たり19.25円

※類似品が多いので注意すること。

公式サイトから定期購入は送料無料で購入できます。

公式サイト:自然派clubサスティ

【白髪染めシャンプー】のメリット・デメリット

メリット

  • 頭皮や髪にやさしい
  • 手軽な白髪のケア

デメリット

  • 即効性に欠ける
  • 白髪染めとの相性が悪い場合がある
  • 色持ちが悪い

白髪を簡単になじませるというなら、シャンプータイプもありかもしれませんね。


これだけ種類があると何を選べばいいかわからない!

そんなときは、次の章で紹介する選び方を参考にしてください。

カラー剤の種類の選び方【3つのポイント】

カラー剤を選ぶ際は、3つのポイントから選ぶとよいでしょう。

3つのポイント
  • 黒髪を明るくしたい
  • 根元のみ染めたい(部分染め・リタッチ)
  • ケア重視にしたい

順に解説しますね。

① 黒髪を明るくしたい

白髪が一部分に集中していたり、ちらほら白髪の方は明るさも欲しいのではないでしょうか?

その場合は、白髪染め(アルカリカラー)がお勧めです。

黒髪を明るくするには、脱色作用が必要だからです。脱色作用はアルカリカラーにしかありません。

黒髪を明るくしたいという方は、白髪染め(アルカリカラー)を使用しましょう。

② 根元のみ染めたい

根元のみ染めたいという方は、すでに白髪染めをされていて、伸びた白髪を何とかしたいでしょう。

この場合は、白髪の量と既染部の明るさで決めるのが良いと思います。

髪の色\白髪の量ちらほら30%くらい70%(かなり多い)
・白髪染め
・トリートメント
・シャンプー
・白髪隠し
・白髪染め
・トリートメント
・白髪隠し
・白髪染め
・白髪隠し
茶色・白髪染め
・トリートメント
・シャンプー
・白髪隠し
・白髪染め
・トリートメント
・白髪隠し
・白髪染め
・白髪隠し
明るい茶色・白髪染め
・白髪隠し
・白髪染め
・白髪隠し
・白髪染め
・白髪隠し

参考にしてみてください。

③ ケア重視したい染めたい

髪を傷めたくない方は、

  • カラートリートメント
  • 白髪染めシャンプー
  • ヘアマニキュア
  • ヘナ

のどれかにしましょう。

色味と白髪のなじみを優先するなら、ヘアマニキュアおすすめです。しかし、塗布が非常に難しいため、美容院で行うのをお勧めします。

セルフや白髪染めと併用するなら、カラートリートメントがいいです。

塗布が簡単で一番染まりがいいからです。

白髪染めを簡単にする方法

白髪染めを簡単にする方法は以下の通りです。

  • 美容院のカラーと併用を考える
  • 塗る範囲を限定する
  • 塗りやすいタイプを選ぶ
  • ブロッキングをとる
  • 刷毛やコーム以外に指を使って塗布する

順に解説していきますね。

①美容院のカラーと併用を考える

正直に言うと、セルフカラーのみできれいに染めることは難しいと感じています。

自分ではどうしても薬液の選定や塗布が難しいからです。

実際に美容院では「同じ色」といっても、微妙に色味や塗布量、塗布順も変えたりします。

なので、どうしても自分で染めるには限界があると思います。

できれば美容院を定期的に通い、セルフカラーの修正を行うとよいでしょう。

お勧めのサイクルは『サロン』→『セルフ』→『サロン』

ムラになった髪色は美容院でも、直しきれないことがあります。

できればセルフカラーの連続は避け、サロンカラーと交互に行ってください。

その際に、セルフカラーの色味についてアドバイスを受けるとよいでしょう。

②塗る範囲を限定する【リタッチ or 見える部分のみ】

全体カラーはあまりお勧めしません。

白髪染めは毛先が暗くなりやすく、ダメージが進行しやすいからです。

できれば、伸びてきた白髪のみ染めるとよいでしょう。

その際は、少し明るめを使用し、中間部分が暗くならないように気を付けること。

難しいなら分け目や生え際など、見える部分のみでよいと思います。

全体染めて、暗くなりすぎたり、ダメージが進行しないようにしましょう。

③塗りやすいタイプを選ぶ

もし、全体を染めるなら泡タイプ。

リタッチならクリームタイプ。

カラートリートメントも塗りやすいでしょう。

薬液が簡単に、ピンポイントで塗布できる形状を選びましょう。

④ブロッキングなど塗布しやすいように工夫する

生え際や分け目などの部分染め以外は、ブロッキングをしてから塗布しましょう。

ブロッキングをすると、塗りやすくムラやダメージを防ぐことができます。

⑤刷毛やコーム以外に指を使って塗布する

刷毛やコームを使用しても良いですが、指を使って塗ることもできます。

人差し指に薬液をとり、

  • つまむように根元を塗布
  • 人差し指でなでるように塗布

といった塗布もおすすめです。

できるだけ根元に塗るように工夫しましょう。

Q&A

Q
ちらほら白髪にはどんな製品が良いでしょうか?
A

明るくしたいなら『白髪染め・おしゃれ染め』。なじむ程度なら『白髪染めトリートメント・白髪染めシャンプー』でもいいと思います。

白髪だけでなく、全体的な髪色をどうするかによって使用する製品が変わります。

Q
白髪染めをやめる人が増えている理由は何ですか?
A

様々な理由があると思いますが、例えば以下のようなものが考えられます。

  • 時間やお金の節約
  • 自然な美しさの受け入れ
  • 著名人の影響
  • 頭皮や髪の健康のため

まとめ

この記事では、簡単に白髪をケアできる様々なタイプの白髪染めと、それぞれの特徴やお勧め商品を紹介してきました。

まとめは以下の通りです

  1. 白髪染めのタイプと特徴:
  • 泡タイプ
    • 塗布が簡単で均一に髪に行き渡らせやすい。hoyu シエロ ムースカラーやBlaune ブローネ 泡カラーがお勧め。
  • クリームタイプ
    • ピンポイントで染めるのに適しており、リタッチに便利。WELLATON ウエラトーン 2+1やCIELO シエロ ヘアカラーEXクリームがお勧め。
  • 白髪隠し
    • 一時的に白髪を隠し、外出先でも使用可能。KIWABI(綺和美)白髪隠しカラーリングブラシやグリーンノート 白髪隠しカラースティックがお勧め。

  1. カラートリートメント
    • 髪にやさしく、アレルギーリスクが少ない。BELTA ヘアカラートリートメント、LPLP ルプルプ エッセンスカラートリートメント、syoss サイオスカラートリートメントがお勧め。
  2. 白髪染めシャンプー
    • 利尻カラーシャンプーがお勧めで、シャンプーしながら徐々に白髪をなじませる。
  3. 選び方のポイント
    • 白髪染めのタイプやカラートリートメント、シャンプーを選ぶ際は、自分のライフスタイルや髪の状態に合わせて選ぶことが重要です。また、色持ちや髪へのダメージ、使いやすさを考慮して選びましょう。

この情報を元に、最適な白髪染めを選んでみてはいかがでしょうか?

このほかにも、白髪の悩みを解消できる記事を作成しています。

ぜひ参考にしてください。

関連リンクはこちら

白髪染めトリートメントと白髪染めについて

【カラーリスト監修】白髪染めトリートメントって何?白髪染めの違いや良い点・気になる点について解説

【おすすめな白髪染めトリートメント完全ガイド】選び方から使用法まで

白髪ケアの新常識!白髪染めとカラートリートメントを併用して美髪を保つ方法

白髪用カラーシャンプーについて

【白髪に効果ある?】白髪用ムラサキシャンプーのおすすめとは

白髪隠しアイテムを活用する

美容院の白髪染めと次回までの”つなぎ”!最新の白髪ケア4選

白髪染めの悩みを解消する

【ゴワゴワ・キシキシ・パサつき】白髪染めのダメージ別の原因と傷ませない方法を解説

「おしゃれ染め」と「白髪染め」の違いを知って、自分に合ったヘアカラー見つけよう!

【10代・20代・若者向け】白髪染めガイド|カラーリストが白髪の原因と対策も解説

【すぐ落ちる】白髪染め後の白髪がキラキラ&浮き問題|原因と対策を解説

ジアミンフリーで安心!低刺激な白髪染めを徹底解説

白髪染めによるかゆみにサヨナラ!専門家が教える原因と解決策

白髪ケアも簡単に!自宅でできる白髪染め方法とおすすめアイテム

【知っていますか?】白髪染めの頻度を減らす方法と適正な頻度|カラー専門の美容師が解説

【本当に染まる?】白髪染めシャンプーのメリットとデメリットをカラーリストが解説

どちらがいい?暗い白髪染めを明るくする方法【セルフカラーと美容院の両方を解説】

コメント

タイトルとURLをコピーしました